北海道新幹線仮称・新小樽駅 デザインコンセプト作成へ

2021年05月11日 16時00分

JRTTが小樽市に依頼

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)は6日、小樽市に北海道新幹線仮称・新小樽駅のデザインコンセプト作成を依頼した。北海道新幹線活用小樽まちづくり協議会内にコンセプトの検討部会を立ち上げ、1年間かけてまとめる。これを基に機構がデザイン素案を作る。

 JRTTでは新幹線駅の建設に当たり、地元自治体のアイデアを取り入れて設計をしている。北海道新幹線建設局の竹津英二局長が市役所を訪問し、迫俊哉小樽市長にデザインコンセプト作成依頼文書を手渡した。

竹津局長(左)が迫市長にデザインコンセプト作成依頼文書を手渡した

 竹津局長は「地元自治体と連携しながら、より良い駅をつくっていきたい」と強調。迫市長は新小樽駅について「天狗山の麓にできるため自然との調和、小樽の歴史性を踏まえた落ち着いた雰囲気、使いやすさなどに配慮しなければ」と話し、市民の意見を聞きながら検討する姿勢を示した。

 北海道新幹線活用小樽まちづくり協議会内で、デザインコンセプトを検討する部会を夏に立ち上げる予定。JRTTは、駅の実施設計着手は数年先だとしている。

 この日は同じく新駅を設ける長万部町、7日は倶知安町にデザインコンセプトの作成を依頼。八雲町には後日依頼をする。

(北海道建設新聞2021年5月10日付13面より)


関連キーワード: 北海道新幹線

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,164)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,132)
大手ゼネコン4社21年3月期決算 全社減収減益...
2021年05月19日 (1,492)
大成が542億円で首位 20年度ゼネコン道内受注高...
2021年05月11日 (1,198)
全社減収も鹿島は増益 大手ゼネコン4社の21年3月...
2021年02月17日 (1,049)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 分譲マンション
老朽化の行方
new

札幌市内に建設された分譲マンションが続々と老朽化している。住まいの行く末はどうあるべきか。再生への道を探る。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第209回は「糖分の中毒性」。脳のエネルギー源となる糖分。過剰摂取に注意し食生活の見直しを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第9回「意外に低い葉っぱの彩度」あざやかに見えても測ってみると落ち着いた色をしています。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第8回「コロナ禍とテレワーク」ウェブ会議にも対面コミュニケーションにも、それぞれのメリットがあります。