こんな広告いやだ

2021年05月13日 09時00分

 地方に住む若者が田舎の何もなさを大げさに並べ立てた『俺ら東京さ行ぐだ』(1984年、吉幾三作詞作曲)は、吉さんの人気を不動のものにした一曲だった

 ▼「テレビも無エ ラジオも無エ 自動車もそれほど走って無エ ピアノも無エ バーも無エ 巡査毎日ぐーるぐる」。さすがにそんなわけはないのだが、この虚実入り交じったところが面白い。そして次の言葉を繰り返すのだ。「俺らこんな村いやだ~」。大笑いしながら、都会に憧れる若者の心情にも共感させられる。実によくできた歌でないか。それに引き換えこちらは似たような筋書きなのに共感できるところがなかった。宝島社が11日付で朝日新聞など大手3紙に載せた派手な見開き全面意見広告の話である

 ▼女の子たちがなぎなた訓練をしている戦前の写真の中央に大きな赤いウイルスを配して全体を国旗に見立て、こんな主張を添えていた。「ワクチンもない。クスリもない。タケヤリで戰えというのか。このままじゃ、政治に殺される」。なぎなたをタケヤリと誤認しているのもどうかと思うが、何より「ワクチンもない。クスリもない」が事実に反する。接種計画に課題はあれど国民に必要な分のワクチンは確保できる見通しだ。医療従事者は必死の努力で既存の薬を駆使した治療方法を編み出した

 ▼これでは〝事実もねエ 証拠もねエ おじさん床屋談義でぐーだぐだ 俺らこんな広告いやだ~〟となりかねない。樹木希林さんを起用した優れた広告で知られる宝島社である。笑いながら予防意識も高められる発信ができたろうに。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,314)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,240)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,649)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,451)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (1,931)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。