「旭川ここはれて」始動 飲食・物販施設で買物公園再生へ

2021年06月30日 15時00分

 CocoHarete(本社・旭川)による飲食・物販テナント施設「旭川ここはれて」プロジェクトが始動した。25日に開いた記者会見で杉村太蔵社長は「まちの中心部に魅力を取り戻すのが旭川活性化の第一歩だ」と意気込む。地元の関係者らと共に、買物公園の再生に向けて協力する方針だ。

地元一丸で旭川市中心部活性化に取り組むことを確認した

 元衆議院議員で、旭川市出身のタレントでもある杉村社長は2020年から、旭川フードテラスのテナントを借り上げて貸し出すプロジェクトを実施。新たに買物公園を挟んで向かいの区画にある5条通8丁目1253の1ほかの敷地1508m²を取得して、飲食・物販のテナント施設を整備するプロジェクトを立ち上げた。

 建物はW造、平屋一部2階の7棟、合計延べ700m²を新築。1店舗当たり23―26m²程度の規模で、テーブルや椅子、キャビネット、食器などインテリアには地元、旭川家具工業協同組合の製品を使用する。

 敷地の中央部には緑地を設けて、テラスや公園としても利用できるようにする。設計を担当した街制作室の国分裕正社長は「買物公園再生のシンボルとなる場所。家でも職場でもないサードプレイスを目指した」と設計意図を説明した。

 若者や小規模な事業者でもスタートアップしやすいよう店舗の貸借だけでなく、売り上げの80%を店子の収入として扱うなど複数の契約方式を検討。杉村社長は「意欲のある方にすぐに入ってもらえるような設定にしたい」と述べた。

 旭川信用金庫の原田直彦理事長は「買物公園のにぎわい復活は長年の宿願。われわれも全力で支えたい」と資金や広報でバックアップする考えを示した。

 8月6、7日に事業者向け説明会を開き、出店者を募る。施設については秋の着工に向け施工業者の選定を進めていて、22年6月末のオープンを目指す。

(北海道建設新聞2021年6月29日付14面より)


関連キーワード: 上川 地域振興

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

みずほ銀が函館支店を閉鎖へ 札幌支店と統合
2022年05月09日 (13,979)
国道276号千歳市美笛で岩盤崩壊、通行止め
2022年04月20日 (12,347)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,161)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,609)
旭川東神楽道路新設5.5km完成 旭川建管
2022年03月28日 (2,371)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第231回「運動不足の危険性」。将来の死亡リスクが高まります。運動を習慣化するよう心掛けを。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第20回「いつもの小掃除」。一人一人に合った方法を見つけるのがストレスフリーな掃除の第一歩です。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第19回「気になる販売員の対応」会社や商品を愛している従業員による接客で、顧客満足度の向上を。

連載 掘削が拓く未来
日本初の専門学校

掘削が拓く未来 日本初の専門学校
白糠町内の同校で指導に当たる3人の講師の意気込みを紹介する。