稚内港末広埠頭岸壁改良が全建賞に

2021年07月23日 10時00分

ドルフィン形式で工期短縮

 稚内開建稚内港湾事務所が発注した稚内港末広埠頭岸壁改良が、全日本建設技術協会の2020年度全建賞(港湾部門)に選ばれた。既存施設を活用したドルフィン形式で改良し、工期を通常の半分以下に短縮した点などが評価された。

工期短縮が評価された稚内港末広埠頭岸壁改良

 全建賞は建設技術の活用や公共事業の推進で、優れた成果を上げた事業や実施機関などに贈られる。建設技術者で構成する同協会が毎年選定している。

 同事業は、大型クルーズ船の寄港要請に対し、安全で円滑に係船できる施設整備が早期に求められていたため、既存岸壁の延長方向に係船柱2基や橋台1基、連絡橋3基を17―19年度にかけて新設した。

 同開建は整備に当たり、寄港要請に早期対応するため既存岸壁構造を延伸する方法では工期やコストが膨らむことから、岸壁の延長方向に係船柱を新設するドルフィン形式を採用した。同開建によると2カ年での完成は、既存岸壁延伸と比べ半分以下になるという。

 これらの工期短縮やコスト縮減が評価されての受賞となった。同開建が受賞するのは、18年度全建賞を受賞した鴛泊港本港地区島防波堤災復以来となる。(稚内)

(北海道建設新聞2021年7月21日付10面より)


関連キーワード: 土木 宗谷 港湾

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (23,986)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,036)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,638)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,427)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,295)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。