道内中小企業の技術で開発した超小型EV導入 札幌市南区

2021年09月05日 10時00分

ゼロカーボンドライブ普及へ

市公用車として初導入のNEICLE

 札幌市南区は、SDGs実践区としてゼロカーボンシティの実現に先導して取り組むため、区役所公用車に一人乗り超小型電気自動車「NEICLE」を期限付きで導入している。市公用車として初の試み。

 区民に電気自動車を身近に感じてもらい、ゼロカーボンドライブの普及を図ることが目的。1日から11月30日まで区内を走行させる。現在は1台で、10月中旬から2台となる予定だ。

 NEICLEは、複数の道内ものづくり中小企業が独自の技術を持ち寄り、研究・開発を推進する「Team NEVS」が開発した寒冷地仕様のEV。トヨタ車体のコムスをベースとする。外装には市立大デザイン学部の学生がデザインした「集いの木」をあしらい、2022年度に迎える区制50周年をPRする。

 市は、市内から排出される温室効果ガスを50年に実質ゼロとする「ゼロカーボンシティ」を目指すことを宣言し、3月には取り組みをまとめた「気候変動対策行動計画」を策定した。

 その一環として、30年度までに特殊車両を除く全ての公用車を次世代自動車に切り替える予定だ。

(北海道建設新聞2021年9月3日付12面より)


関連キーワード: エネルギー さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • 日本仮設
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (17,095)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,290)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,831)
山側など3ルート検討 229号乙部町館浦岩盤崩壊本...
2021年09月13日 (1,295)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,033)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第215回は「炭酸好き」。のど越しが渇きを癒やし、爽快な気分にしてくれます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第12回「トイレドアと表示錠」。製造メーカーには、どの人にも伝わる色選びを心がけてほしいですね。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第11回「休業要請と従業員」休業手当があっても退職する人も。働く場所が提供するのはお金だけではありません。