丸井今井函館店、再開発へ

2021年11月10日 20時00分

三越伊勢丹、大手デベロッパー数社と接触

 三越伊勢丹ホールディングス(東京都新宿区新宿5丁目16の10、細谷敏幸社長)は、グループの丸井今井函館店の再開発検討に着手しているもようだ。全国的に分譲マンションを手掛ける大手デベロッパー数社と接触。百貨店とマンションで構成する複合ビルなどの提案を受けているという。

築50年が経過する丸井今井函館店

 同HDが10日に公表した2022―24年度の中期経営計画では、周辺環境などに応じ、保有する店舗をホテル、レジデンス、オフィスなどの機能を持つ複合ビルとして再開発することを視野に入れている。10年後の営業利益500億円程度を目指していて、24年度ごろから不動産投資を本格化させる見通しだ。道内では函館店のほか、丸井今井札幌本店や札幌三越がある。

 再開発を検討する丸井今井函館店(RC造、地下1地上7階、延べ2万5497m²)は、1969年に建設。函館市本町6の2の敷地約4000m²に位置する。北側には商業・マンションの複合ビル「シエスタ ハコダテ」がある。


関連キーワード: 再開発 渡島

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

三井商船フェリー出張大作戦商品券プレゼントキャンペーン2022年11月1日(火)~2022年12月31日(土)
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,118)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,090)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,369)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,674)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。