旧宮北邸の保存を検討 旭川市

2021年11月24日 15時00分

歴史・文化伝える遺産に

 旭川市教育委員会は旧宮北邸の保存を検討している。木骨石造の2階建て、延べ200m²の建物で、西洋風のデザインや美瑛軟石の活用など歴史・文化的価値が高い。築100年以上が経過して屋根や内部の劣化が著しいことから、改修して利活用することを視野に入れている。

開拓時代の趣を残す旧宮北邸

 同邸は9条10丁目にある石造の西洋風建築。永山に入植し、木材販売などさまざまな事業を手掛けた宮北秀吉氏が1915年ごろに私邸兼事務所として建設した。

 外観は石造だが、柱や梁といった構造は木造という木骨石造方式で建設。開拓時代の倉庫建築に多く用いられた方式だ。

 途中で勾配が急になるマンサード屋根で、半円状の切妻、アーチ型の窓、付け柱など随所に西洋風のデザインが取り入れられている。外装の石材は建材として全道に出荷されていた美瑛産の軟石。上川地方の産業の歴史を残す遺構にもなっている。

 法務省が土地を含めて所有。市教委が埋蔵文化財の資料や発掘資機材などを置く倉庫として80年から賃貸していた。市民団体の保存要望などを受け、2020年12月に取得した。

 内部は雨漏りで壁や天井が傷んでいるほか、電気や上下水道などの設備がない。内部公開も視野に入れて利活用方法を固め、必要な修繕を施す考えだ。市教委の担当者は「大正時代の貴重な建物。残す方法を検討したい」と話す。

 旧宮北邸をめぐっては、「旭川の歴史的建物の保存を考える会」が3Dモデルの製作やパンフレットづくりなど、魅力や価値の発信を通して文化財としての保護を求めている。軽部望会長は「旧宮北邸は、会が発足するきっかけとなった建物の一つ。市の誇る文化、歴史的遺産として守ってもらいたい」と期待している。

(北海道建設新聞2021年11月22日付8面より)


関連キーワード: 上川 歴史的建造物

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸井今井函館店、再開発へ...
2021年11月10日 (24,132)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (11,088)
三笠の道道岩見沢桂沢線で道路陥没...
2021年11月12日 (3,699)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,458)
飲食・物販施設が着工 旭川の買物公園...
2021年11月23日 (3,333)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第14回「相手に思い伝える国語」IT技術や知識が求められる時代にも、変わらずに必要な能力もあるものです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第219回は「トイレの回数」。極端に多い場合は、病気の可能性もあります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第14回「テレワークに向かない仕事」。現物サンプルのチェックや資料の印刷など、アナログな部分も多いです。

連載 進む木造化

道内にも波及しつつある、中高層ビルの木造化の動きを紹介する。