白老の「mother’s+」 北海道赤レンガ建築賞に

2022年01月12日 12時30分

 道建設部は7日、2021年度北海道赤レンガ建築賞の受賞作品を発表した。建築賞には白老町内にある北海道種鶏農場の「mother’s+(マザーズプラス)」、奨励賞には「ニセコ町役場庁舎」と苫小牧市内の「結いの社屋~小金澤組新社屋」が選ばれた。表彰式は31日に札幌ガーデンパレスで開く。

 この賞は、建築文化の向上や地域に根差したまちづくり推進を目的に、道と建築関連5団体が共催している。

建築賞に輝いた白老町内の「mother’s+」

 建築賞の「mother’s+(マザーズプラス)」は白老町社台に20年2月28日に竣工した物販店舗。規模はW一部S造、2階、延べ887m²で、設計・施工は竹中工務店。養鶏業の事業展開に沿った優れた建築意匠と建築技術で計画し、新たな景観を生み出していることが評価された。

 奨励賞のうち、「ニセコ町役場庁舎」は21年3月19日に完成した。規模はRC造、地下1地上3階、延べ3374m²。設計はアトリエブンクと金箱構造設計事務所で、主体は泰進建設・浦野工務店・石塚建設共同体が担った。町民の居場所として誰もが立ち寄れ、ニセコの自然を満喫できる点が受賞につながった。

 「結いの社屋~小金澤組新社屋」は20年6月20日に竣工した。規模はW造、2階、延べ600m²。設計はアカサカシンイチロウアトリエで、小金澤組の自社施工。職人技を生かした在来工法の事務所でありながら、避難場所も視野に周辺住民への開放を図り、建築文化を高揚させた。

(北海道建設新聞2022年1月11日付1面より)


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,269)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,360)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,167)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,142)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,608)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。