函館開建 229号乙部町館浦岩盤崩落でトンネル概略検討を公告

2022年02月02日 18時55分

 函館開建は2022年度、乙部町館浦の国道229号で発生した岩盤崩落の恒久対策に向け、選択肢の一つとするトンネルの概略検討に入る。3日付で、トンネル概略検討を含む業務を簡易公募型プロポーザルで公告。参加表明書と技術提案書は3月1日正午まで受け付ける。

 21年12月13日に開いた第3回技術検討会で北海道開発局は、現道を活用する切り土案、ロックシェッド案と、別線ルートとなる山側トンネル案、山側土工案、海側案の5つを提示した。

 このうち、山側トンネル案は事業期間が約7―10カ年、事業費が140億―190億円。他の案と比べて事業期間が短く、コストも抑えられる。

 今回の業務は検討に向けた基礎資料を作成することが目的。業務内容は、トンネル概略検討のほか、道路予備設計1・72㌔、トンネル分岐部の概略検討、トンネル技術検討会の運営補助などで、業務期間は23年2月28日まで。プロポーザルの公告によると、業務規模の目安は3800万円(税込み)程度としている。

 業務発注に関して函館開建は「現時点でトンネルとして決定したわけではなく、選択肢の一つとしている段階」と説明。他の案も含めて総合的に検討し、今後開く技術検討会の第4回会合であらためて有識者の意見を聴取し、最終的な結論を出す考えだ。


関連キーワード: 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,816)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,117)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,451)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,365)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,130)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。