帯広の経済発展に大きな期待 西3・9再開発が完了

2022年02月28日 18時00分

中心市街地の新たな顔となる5棟の建物がそろった

イトーヨーカドー移転から24年

 イトーヨーカドー移転から24年、事業発表から6年、着工から3年。アルファコート帯広西3・9地区開発(本社・札幌)が進めてきた帯広市中心部の再開発が完了した。2月28日に最後の建築物となる立体駐車場が完成。店舗やマンションなど新しい建物が並ぶ中心市街地に、帯広経済発展への期待がかかる。

 1998年に帯広中心部にあったイトーヨーカドー帯広店が郊外に移転。空き店舗は約20年にわたって所有者が二転三転し、さまざまな計画が浮かんでは消える状況が続いた。

 流れが変わったのは2016年。アルファコートが店舗を取得し、帯広市西3条南9丁目周辺の2haで再開発を展開すると発表した。18年からは店舗と隣接する市営駐車場などを解体し、新施設に着工した。

 20年4月に帯広経済センタービルと200台収容の駐車場棟が完成。10月に竣工した19階建てのマンション「ザ・タワー帯広」は住戸147戸が1年足らずで完売した。

 21年11月には旧帯広経済センタービル跡地に建設した店舗棟「帯広西3・9スクエア」が完成。コンビニやスポーツ施設のほか、9日には帯広初進出となるコメダ珈琲店がオープンする。

 2月28日に事業最後の建築物となる立体駐車場「登寿パーキング」が竣工を迎えた。約20年の空白を経て、市中心部に全5棟の新施設がそろった。

 帯広市の米沢則寿市長は「何年にもわたるプロジェクトだったが、大きな変更や遅滞なく終えられて安心した。帯広の発展、まちなかの活性化を考える上で間違いなくプラスになる」とし、「これからの帯広に対する期待感で、いろいろな企業が立地してくれれば可能性が広がる」と展望した。

 アルファコートの樋口千恵専務は「コロナ禍の影響もあったが、無事に全て竣工できた」と関係者に感謝。再開発を機に新しいまちづくりが広がることを期待する。(帯広)


関連キーワード: マンション 再開発 十勝 商業施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,465)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,102)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,536)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,296)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,078)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。