新たな玄関口誕生 当別町でロイズタウン駅が12日に開業

2022年03月11日 15時00分

完成記念式典で地域の活性化期待

新たな玄関口誕生を祝う島田社長(左)、山崎社長(中央)、後藤町長

 当別町は10日、西当別コミュニティセンターでJR札沼線ロイズタウン駅の完成記念式典を開いた。町とロイズコンフェクト(本社・札幌)による請願駅。山崎泰博社長は同社ふと美工場従業員の利用に加え、「秋に完成するミュージアム、見学工場にお客さんを誘導するようPRして利用者を増やしたい」と述べた。駅は12日に開業する。

 あいの里公園駅と石狩太美駅の間、当別太1225の9に設置した。JR北海道の在来線で20年ぶりの新駅誕生。ふと美工場をイメージしたデザインを取り入れた。

 JR北海道が駅舎建設など、町が軟弱地盤対策などをそれぞれ発注し、2021年春に着工。22年度は町が駐車場や駐輪場といった駅前広場の整備を進め、年度内の完了を目指す。

 式典で後藤正洋町長は「ロイズコンフェクトが新設費用を負担し、JRが駅舎建設、町が駅前広場整備とスクラムを組んで実現できた。定住人口や交流人口の増加に期待している。このチャンスを生かし、魅力あるまちづくりを進めたい」とあいさつした。

 山崎社長は「当別町の人口増加に寄与する駅になると思う」と話し、JR北海道の島田修社長は「新たな人の流れを生み出す拠点として、地域交流の活性化につながってほしい」と期待した。

 あいさつや事業概要の説明後、現地でテープカットして完成を祝った。


関連キーワード: JR北海道 さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,046)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,846)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,748)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,511)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。