最大出力58.5万kW 島牧沖で洋上風力計画

2022年03月18日 08時00分

同区域では初の配慮書手続き

 北海道洋上風力開発合同会社(東京都千代田区霞が関3丁目2の5、相沢由美職務執行者)は、仮称・島牧村沖洋上風力発電を計画している。最大出力は58万5000kWで、設計者と施工業者は未定。16日に計画段階環境配慮書の縦覧を開始した。島牧沖で配慮書の手続きに入るのは初めて。

 同社は三菱重工業(本社・東京)とコペンハーゲンインフラストラクチャーパートナーズ(同・デンマーク)が運営している。事業実施想定区域は弁慶岬西側から茂津多岬北西側にかかる島牧村の沖合約1万6815haとなっている。

 単機出力9500―1万5000kW程度の風力発電機を最大56基設ける。ブレード枚数は3枚で、ブレードの回転直径は最大260m、ハブ高さは最大180mを想定。基礎は着床式で、モノパイル式、ジャケット式、重力式のいずれかで検討中だ。

 工期は着工から約24カ月を予定。着工後20カ月までに陸上ケーブル敷設などを進め、14―23カ月目での基礎工事、16―24カ月目の風力発電機組み立て・設置、16―20カ月目に海底ケーブル敷設といった電気工事を見込んでいる。

 島牧沖は石狩市沖などと並び、洋上風力発電を推進する促進区域の前段階となる準備区域に位置付けられている。

 今後、島牧沖で風力発電計画を立ち上げる事業者がさらに増える可能性もある。


関連キーワード: エネルギー 後志 風力発電

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,581)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,781)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,348)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,242)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,129)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 盛り上がれ
ワーケーションnew
函館市の事例から

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~
函館市で加速するワーケーションの動き。継続的なものにするため企業双方に求められる条件を探る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。