232号小平防災、本格着工 22年度は法面掘削など

2022年04月01日 16時25分

留萌開建が土砂災防止へ

 留萌開建は2022年度、小平町の国道232号小平防災に本格着工する。土砂災害を防ぐため路線をかさ上げする。起点の大椴側から法面掘削に入り、本年度は2万7460m³の土量を見込む。土捨場造成も並行して進める。工事は掘削と土捨場の2件で公告し、どちらも第2四半期(7―9月)に入札する予定だ。

 全体の整備区間は、小平町の大椴側を起点とする花岡側までの3.7km。過去、法面の一部が崩れたことや、日本海側に面しているため冬季は吹雪による視界不良、越波が生じている。

 事業では課題解決に向け、現道東側の法面を切り土、盛り土して約5m高い位置に道路を新設する。幅員は車道6.5m、路肩両側1.25mの全幅9mとする。総事業費は130億円を試算し、22年度予算には3億8000万円を措置した。新設区間にある道有林の取得が見通せないため、完成年度は未定としている。

 22年度は大椴側の法面上部で切り土し、一部を盛り土に活用する。工事延長は850mを見込む。

 土捨場は小平トンネル東側の町有地に設ける。延長900m、全幅3.5mの工事用道路を町道花岡線に接続し、工事用車両の往来環境を築く。土捨場に到達するまでに鬼泊川があるため、仮橋を1橋架ける。暗渠布設も予定しているが延長や口径といった規格は精査中だ。

 入札方式はそれぞれ施工能力評価Ⅱ型・施工体制確認型総合評価、等級は一般土木のB等級とする。金額規模はどちらも1億円以上、2億5000万円未満。工期は各7カ月間を見込む。

 委託では、道有林などがある花岡側の2.3kmで測量を進める計画だ。


関連キーワード: 国交省 土木 災害・防災 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,089)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,705)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,223)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,753)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,424)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。