国営・機能保全てしおがわ地域 23年度にも整備構想策定

2022年04月15日 17時34分

旭川開建が水利施設再編や統廃合検討 ダム耐震化の必要性も

 旭川開建は、上川管内北部を対象に2021年度から地域整備方向検討調査に着手した国営施設機能保全「てしおがわ地域」について、23年度にも整備構想をまとめる考えだ。22年度は、営農形態や農作物の収穫量の推移から水需要の変化を調査し、ダムや頭首工など水利施設再編の必要性を分析。地域の実情に合った水利施設の統廃合を検討する。

 てしおがわ地域は名寄、士別、剣淵、和寒の2市2町3地区に広がる農用地計1万6500haが対象となっている。

 調査対象となっている天塩川上流地区は、1967から86年にかけて、岩尾内ダムの取水塔1カ所、頭首工6カ所、用水路6条約100km、排水路3条約15kmを整備した。69―86年には風連地区で、風連ダムと御料ダム、頭首工1カ所、2条約5kmの用水路を施工し、温根別地区は72―85年に温根別ダムを整備している。

 地域の営農形態は、稲作を主体としながらも、小麦や豆類、カボチャ、アスパラガスなどの作付けが増え、水需要に変化が起きている。また当時整備した施設は供用から50年以上経過している。

 このため、同開建では水需要変化に伴う水利施設の再編や統廃合、ダム耐震化の必要性を検討する調査を計画。21年度は地元関係者への聞き取りや、営農状況についてのデータを収集した。22年度は集めたデータの分析をさらに進めるとともに、土地の利用状況を調査。水不足が生じている地域を調べ、効率的に水を運ぶ水利施設の在り方を検討する。

 今後は、ダムに水が足りていないといった事象も起きていることから、気象状況を調査し原因解明に取り組む方針だ。


関連キーワード: ダム 上川 国交省

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,095)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (3,030)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,155)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,740)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,552)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。