新幹線駅アクセス道変更 八雲町が明らかに

2022年05月20日 17時15分

駐車場配置も

 八雲町は、北海道新幹線の仮称・新八雲駅に接続するアクセス道路の詳細を明らかにした。整備を担う函館建管が2021年度に進めた概略設計を踏まえて線形を変更し、駅前ロータリーの交通安全に配慮。駐車場の配置なども変更した。建管は22年度の詳細設計を予定。町は28年度末までの完成を要望している。

 19日に八雲町役場で開いた北海道新幹線仮称・新八雲駅周辺整備推進会議の2022年度第1回会合で、町の担当者が説明した。アクセス道路は延長200mの道道として建管が整備する。

 18年度策定の仮称・新八雲駅周辺整備基本計画では駅前ロータリーを出た後、北側に膨らみ、道道八雲北桧山線に接続するプランを描いていた。駐車場は線路と平行に南北に伸びる形状とし、駐車場とアクセス道を結ぶ道路の整備も想定していた。

 概略設計では駅から東側へ道路を直線に延ばし、北に向かってカーブさせて八雲北桧山線につなげる計画に変更。車両がアクセス道路からロータリーに入る際に減速せざるを得ないため、ロータリー内の安全性が高められるとした。

 駐車場はアクセス道路に平行して東西に延びる形状にできるため、駐車場―アクセス道路間の道路も不要になるなど土地利用の効率化にもつながる。

 ロータリーは南北70m、東西49mで、バスの乗車バースと降車バースを各1カ所、タクシー用にも各1カ所配置。自家用車用は乗降兼用で2バース設ける。車道幅員は5・5m、歩道幅員は5mとする。

 基本計画ではロータリー中央部を短時間駐車場としていたが、北海道公安委員会から危険との指摘があり使用しない。舗装とするか植栽とするかなどは建管と町の協議で決める。

 町が整備する駐車場の概要も説明。面積6344m²とし、一般用123台、身体障害者用2台、タクシー待機場4台分、観光バス待機場4台分を配置する。

 岩村克詔町長は、風雨や雪を避けるため一部に屋根を設けるほか、防犯カメラも用意する意向を示した。


関連キーワード: 北海道新幹線 新幹線 渡島

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,523)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,325)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (4,560)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,116)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,732)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。