DPL札幌レールゲートが完成 大和ハウス工業とJR貨物

2022年06月02日 09時00分

道内最大マルチテナント型物流施設

 札幌貨物ターミナル駅構内で、道内最大のマルチテナント型物流施設「DPL札幌レールゲート」が5月31日に完成した。大和ハウス工業とJR貨物の共同事業で実現。鉄道コンテナで円滑に全国各地へ輸送できる立地を確保し、持続可能な物流網を構築する。

持続可能な物流を支える大規模施設が完成した

 札幌市白石区流通センター3丁目227の172を含む敷地5万m²にRC一部S造、3階、延べ8万6276m²で新築。自動化システムを導入したほか、スロープや170台分のトラックバースを屋内に設けて作業効率を高める。設計施工は戸田建設が担当。2020年7月から工事を進めてきた。

 1区画5400m²からの賃貸で、最大12テナントが入居可能。運送業1社から申し込みがあり、食品やeコマース関係などから問い合わせがあるという。

 大和ハウス工業の浦川竜哉建築事業本部長は「お客のニーズに応えながら新しい試みをこの地から始めたい」と決意。JR貨物の真貝康一社長は「鉄道の役割を高め、物流の未来に資する施設」と期待を寄せた。


関連キーワード: 物流施設 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (1,685)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,509)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,473)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,270)
石狩市が23年度に都市型ロープウェー導入調査へ
2023年04月10日 (1,103)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。