23年度から本堤整備本格化 富良野川2号堰堤火山砂防

2022年06月23日 16時30分

残事業は45億円 コンクリート打設に10万㎥

 旭川建管は、2023年度から富良野川2号堰堤火山砂防事業の本堤整備を本格化させる。砂防の2号堰堤を火山対策用に改良する。24年度からかさ上げを始める。23年度以降の残事業費は45億5400万円で、本堤や副堤、垂直壁など約10万m³のコンクリートを打設する。

 上富良野町内にある富良野川2号堰堤は、1972年に完成。通常の砂防として整備されたが、過去に約30年周期で十勝岳が噴火しているため火山砂防用に改良する。

 既設の堰堤(延長220m、堤高15m)を水通し部を残して解体した後、コンクリートを打設し延長262mに広げ、堤高18mにかさ上げする。構造物が洗掘されるのを防ぐため、副堤を2基新設。上流側から順に本堤、第1副堤(延長237m、堤高13m)、第2副堤(延長204m、堤高7.5m)を設置する。

 14年度に事業着手し、18年度から工事用道路の整備に着工した。18年度の堰堤予備設計と、19年度の詳細設計はどちらもシン技術コンサルが受注。20年度に本体工に着工した。総事業費は68億400万円だ。

 21年度末の進捗率は、事業費ベースで35%。第1・第2副堤と、垂直壁で合わせて1万7500m³進めた。22年度は4億5000万円を充て、第1・第2副堤、側壁、水たたきで、合わせて4800m³進める。

 23年度以降は、本堤、第1・第2副堤、垂直壁、側壁、水たたきに合わせて10万300m³を残している。本堤は、23年度に既設部分の解体を終え、24年度にも新設に着工する見通しだ。


関連キーワード: 上川 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,095)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (3,030)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,155)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,740)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,552)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。