羽生結弦選手プロに

2022年07月21日 09時00分

 最初の真剣さを忘れて慢心するなと伝えたいとき、「初心忘るべからず」の言葉がよく使われる。能楽の大家世阿弥の教えだが、元の意味は違ったらしい。現役能楽師安田登さんが『野の古典』(紀伊國屋書店)にこう記していた

 ▼「初」の原義は布地に初めて刀を入れること。美しい着物作りも裁つところから始まる。「自分が変化しようと思ったら、まずは過去の自分自身をバッサリ切り捨てなければならない」。芸を極めるなら血を流してでも現状を変えていく意志が必要、というのが世阿弥の意図だったのである。スポーツ選手の枠に収まりきらず、求道者、芸術家とも呼びたくなる人だからか。フィギュアスケート男子で2014年ソチ、18年平昌と冬季五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦選手(27)の19日の記者会見を見て、それを思い出した

 ▼羽生選手は冒頭に「プロのアスリートとしてスケートを続けることを決意しました」と宣言。競技者としての自分を捨て、新たな高みへ挑戦する覚悟を語った。羽生選手といえば平昌が多くの人の目に焼き付いていよう。大会3カ月前に右足首を負傷。練習も十分でないまま臨んだ本番での鬼気迫る演技は圧巻だった。北京五輪では表彰台こそ逃したものの、世界で初めて4回転アクセルが認定された

 ▼観客を魅了する美しさを「華がある」という。世阿弥にはこんな言葉もあるそうだ。「住する所なきを、まづ花と知るべし」。とどまらず変化し続けることこそ、花の神髄だというのである。まさに羽生選手。次はどんな花をわれわれに見せてくれるのか。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (6,331)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,605)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,558)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,434)
おとなの養生訓 第203回「おかゆ」 消化時間、白...
2021年03月15日 (1,078)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。