札幌市、22―41年度の小規模付属物維持管理計画を策定

2022年08月04日 19時03分

道路照明、標識など更新に150億円試算

 札幌市は、2022年度から41年度までを期間とする小規模付属物維持管理計画を策定した。市が管理する道路付属物のうち、道路照明や道路標識など約3万1300基が対象。予防保全型の維持管理により、20年間の更新費用は順次更新と比べ49.7%減となる総額150億円を試算する。年平均で約7億7000万円を見込む。

 道路維持管理基本方針に基づき策定する。市は20年度末時点で3万1300基の小規模付属物を管理。設置後40年が経過した施設は20年度末時点で14%にとどまっているが、10年後には36%、20年後には74%に達するなど今後急速な老朽化進行が見込まれる。

 対象施設の内訳は道路標識1500基、道路情報提供装置100基、道路照明2万8600基、固定式視線誘導柱1100基。市は14年度から小規模付属物の点検をしていて、20年度末の健全性判定では区分Ⅰの健全が1万4547基、Ⅱの予防保全段階が1万1146基、Ⅲの早期措置段階が3910基、Ⅳの緊急措置段階が1665基となっている。

 区別では中央区が5137基、北区が5633基、東区が3584基、白石区が3080基、厚別区が2449基、豊平区が2268基、清田区が2214基、南区が2416基、西区が2114基、手稲区が2373基。大半が道路照明施設となっている。

 維持管理方法は、これまでの事後保全型から予防保全型に転換する。維持管理費のコスト縮減を図りながら、小規模付属物の長寿命化を推進。加えて、費用平準化や道路照明施設の電柱などへの共架化、施設の撤去・集約化、新技術活用に向けた検証に取り組む。22年度は街路灯344基の更新を進めている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,046)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,846)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,748)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,511)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。