4日プレオープン 高橋工業が中標津町にコンテナホテル

2022年10月04日 07時30分

道東の宿泊施設不足に新たな一手 フロント棟にはサウナも完備

冬の凍った水の色をイメージした外装

 高橋工業(本社・別海)は4日、コンテナ型宿泊施設「HOTEL KUTEKUN」を中標津町内でプレオープンする。近年人気が高まるサウナをフロント棟に完備。素泊まり利用の需要を満たすとともに、道東地域の宿泊施設不足の解消を目指したい考えだ。

 同社は2019年から多角化の一環としてコンテナ事業に着手。酪農従事者ら向けの住居「スムノア」を提供していた。中標津町内に気軽に使える宿が少ないことから、宿泊業に参入した。

 建設地は道道川北中標津線沿いの東39条北1丁目1。JIS規格の奥行40フィートのコンテナを利用し、宿泊棟は9棟あり、広さ約14m²のセミダブル12室、広さ約28m²のツイン5室、同規模で車いす利用が可能なユニバーサルツイン1室の計18部屋。各室ユニットバス付きで、トイレ、テレビ、冷蔵庫などを設置した。

 コンテナは昨年の9月に発注し、あらかじめドアや窓の部分に穴を開ける加工を施して海外から輸入。宿泊施設はことし4月に着工した。設計は今井設計(本社・中標津)、デザインはソーコム(同・札幌)が担当した。

 コンセプトは「Easy Stay Hotel」。低価格で最低限のサービスと、洗練されたリラックス空間の両立を図る。タブレットを使用したチェックインのため、フロントは無人とした。

 ホテル名の「KUTEKUN」は町内にあるクテクンの滝から命名。ホテルカラーは滝をイメージした。外装は冬の凍った水の色、内装は落ち着いた青を基調としている。

 フロント棟にはサウナを設置。サウナの温度は100度を超え、同時に8人まで利用できる。水風呂は井戸水をくみ上げ、そのまま使用。水温は約13度となっている。

 高橋宗靖社長は「道東地域で宿泊施設の不足が地域課題となっている。コンテナなら自由に移動が可能で、2次利用や3次利用が可能。コストを抑えて暮らす場所を提供できる」と新たなサービスに期待をしている。


関連キーワード: 入浴施設 宿泊施設 根室

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 古垣建設
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,119)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,092)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,371)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,677)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,520)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀new

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第25回「従業員のメンタルヘルス」セルフケアなどストレスに対処するための心理教育活動が大切です。