ほろしん温泉ほたる館改修 沼田町が第一寶亭留と協議へ

2022年12月06日 08時00分

 沼田町は、老朽化が進む温泉宿泊施設ほろしん温泉ほたる館の大規模改修を検討する予定だ。2023年度から、定山渓温泉などでホテル事業を展開する第一寶亭留(本社・札幌)が指定管理者として運営を担当。今後、宿泊施設のリニューアルなどについて一緒に協議する考え。具体的な方向性がまとまり次第、改修に着手する見通し。

 ほたる館は1981年に開業。温泉施設と宿泊施設を備えた平家の宿(RC造、2階、延べ3143m²)と、93年に開業したレストランと宿泊施設の源氏の宿(RC造、7階、延べ4706m²)で構成。客室は35室で最大115人が宿泊できる。

 開業時は町直営だったが、93年から町の第三セクターの沼田開発公社、13年からシダックス大新東ヒューマンサービス(本社・東京)がそれぞれ運営してきた。

 第一寶亭留は指定管理者として22年度から5年間、ほたる館とキャンプ場などがある幌新いこいの森公園を運営する。同社は札幌市の定山渓第一寶亭留翠山亭や千歳市の支笏湖第一寶亭留翠山亭、富良野市のフラノ寶亭留などを展開。町は実績やノウハウを生かしたほたる館の運営を期待し、魅力ある宿泊施設になるようリニューアルを一緒に協議し、大規模改修したい考えだ。


関連キーワード: 入浴施設 宿泊施設 空知

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。