札幌市内の農地転用、3年ぶりに増加

2022年12月05日 18時50分

宅地造成を除き好調

 札幌市農業委員会によると、2021年度の市内での農地転用面積は、市街地化区域と市街化調整区域合わせて前年度比14.9%増の19万2993m²だった。3年ぶりの増加。用途別で見ると、宅地造成は減少したが、そのほかの用途は増え、事務所・店舗は13.4倍となった。

 件数は20件増の77件。内訳は市街化区域が16件増の67件、16.2%増の10万6424m²、市街化調整区域が4件増の10件、14.2%増の8万6569m²だった。

 市街化区域を用途別で見ると、宅地造成は37.7%減の3万5417m²だった一方、住宅は24.3%増の1万5909m²、事務所・店舗は13.4倍の1万9471m²、駐車場・資材置き場は2.6倍の2万3320m²と伸ばした。その他は68.2%減の3737m²で、いずれも福祉施設だった。

 市街化調整区域の内訳は、北区が太陽光発電施設1万6628m²、農産物加工販売所184m²、駐車場7428m²、東区が農業用施設300m²、白石区が資材置き場2件で3万768m²、駐車場9804m²、南区はサッカー場1万9184m²、農業用倉庫511m²、手稲区は車両転回所1762m²だった。

 区別に見ると、白石区が14件、6万2442m²で最多。これに北区が26件、5万100m²、東区が17件、2万509m²と続く。

 前年度に比べ、北区が宅地造成や駐車場・資材置き場の増加で4.8倍となった。このほか白石区が2.2倍、南区が24.5%増の3万177m²、清田区が皆増の1426m²だった。一方、西区が35%減の2万4224m²、手稲区が6割減、東区が7割減、厚別区と豊平区は9割減と大きく落ち込んだ。中央区は前年度に続いて増減なしだった。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,816)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,117)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,451)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,365)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,130)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。