江別市のはやぶさ運動広場・文化財整理室跡地活用 契約候補に拓豊開発JV

2023年01月10日 18時45分

宅地60区画など新設

 江別市は、はやぶさ運動広場と文化財整理室跡地利活用の契約候補者を拓豊開発(札幌市中央区南5条西23丁目2の8、佐藤義昭社長)など3社で構成する共同体に決めた。60区画程度の宅地や約1000m²の公園を新設する。10月の造成開始、2024年の住宅建設を見込む。

 大麻北町520の2にある2万969m²を活用し、子育て世代やファミリー層の転入促進を図る。最低売却価格は1億3000万円。文化財整理室(RC造、平屋、延べ1225m²)など、残る建物の年内解体を条件とした。

 共同体は拓豊開発のほか、拓殖設計(札幌市中央区南5条西23丁目2の7、佐藤義昭社長)、みらいレーベン(札幌市豊平区美園8条3丁目3の2、河原昌文社長)で構成する。

 宅地や公園整備に加え、雪対策として全区画に融雪槽と宅地内雪堆積スペースを備える。カーボンニュートラルの取り組みでは宅配ボックスを標準装備。このほか、宅地造成する区域の自治会設立支援に取り組む。

 22年8月に公募型プロポーザルを公告し、同者を含め3者が参加。12月20日の審査を経て決めた。3月に契約を結ぶ見通しだ。

 4日の年頭記者会見で三好昇市長は「江別市に住みたくても土地がないと言われている。早く提供できる体制をつくる必要があり、その一助になる」と期待を寄せた。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (2,967)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,347)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,313)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,221)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (814)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。