法務省、不動産登記地図データを公開 新サービス創出など期待

2023年01月23日 19時00分

 法務省は23日、不動産登記用地図データの公開を始めた。G空間情報センターを通じ、加工や変換可能なデータ形式で利用者に無償提供する。データを入手しやすくすることで、民間サービスの創出、まちづくりや災害対応など、さまざまな分野への活用を期待している。

 公開したのは、土地ごとの位置や区画を示す登記所(法務局)備付地図、約730万枚をデータ化したもの。古い地図をデータ化したものが含まれるが、全体の6割は世界測地系に基づいた精度の高い地図が占める。

公開データの基となる登記所備付地図

 これらはG空間情報センターのインターネットサイトから、地図XML形式でダウンロードできる。全国で約2100のデータセットがあり、うち北海道は191データを掲載している。

 内容は2022年1―2月時点のもので、年1回程度のデータ更新を進めていく。

 G空間情報センターでは今後、データの視覚化に役立つ地理情報システムやウェブで利用しやすい形式のデータを提供する方針だ。

 登記所備付地図はこれまで、入手が図面の写しやPDFに限られ、民間事業者などから、ソフトウエアやウェブサービスに活用できる加工可能な地図データの公開を求める声が寄せられていた。

 今後はデータ入手のハードルが大きく下がり、他情報を連携させた新サービス創出など利活用が進むものとみられる。

 農業では位置や区画情報を活用することでトラクターの自動走行やドローンによる農薬散布などIT農業推進の後押しになりそう。被災して境界が曖昧になった土地の復元など災害対応にも応用できる。

 


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,812)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (10,105)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,430)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,356)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,128)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 本間純子new
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第29回「分類・整理・整頓」。物の所在地の決め方がポイント。作業効率や暮らしやすさに繋がります。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。