稚内幌延線幌延町で緊急対策 通学路歩車道400mを拡幅

2023年02月08日 16時51分

稚内建管が着工要望 23年度は1.3億円、7月発注

 稚内建管は、幌延町の幌延小近くで道道稚内幌延線通学路緊急対策の2023年度着工を要望している。歩行者の安全な通行確保を目的に延長400mにわたり歩車道を3m拡幅する。23年度は事業費1億3000万円を投じ、路盤・舗装250mなどを整備する。7月にも総合評価方式で発注する。

 同路線は、稚内市声問4丁目の国道238号との交点から幌延町新興の国道40号との交点を結ぶ延長57.1km区間。稚内市と幌延町を結ぶ主要道道で、国道40号を補完する重要路線に位置付けている。沿線には稚内空港や沼川市街、有明市街があり、地域生活道路や緊急輸送道路としての役割を担う。

 歩車道拡幅の対象箇所は幌延町6条北1丁目の養寿寺に面する交差点から同3条北1丁目8の2の幌延郵便局が面する交差点までの400m区間。幌延小の通学路となっているものの、歩道幅が狭く安全な通行に支障を来しているほか、車道もわだちやクラックが発生している。

 これらの課題を解消するため、計画では現況幅員の車道5.5m、路肩両側1mずつ、歩道両側1.5mずつの計10.5mから、車道6m、路肩両側1.25mずつ、歩道両側2.5mずつの計13.5mへと拡幅する。

 23年度要望では路盤・舗装のほか、家屋調査や、用地買収・補償を要望している。

 事業期間は24年度までで、残事業費は1億9000万円を見込んでいる。


関連キーワード: 宗谷 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (2,967)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,347)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,313)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,221)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (814)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。