真駒内地区義務教育学校、24年秋ごろ着工

2023年02月27日 18時52分

新校舎RC造、3階、延べ9940m²の規模

 札幌市教育委員会は基本設計を進めている仮称・真駒内地区義務教育学校の配置計画案をまとめた。南区真駒内泉町3丁目の真駒内桜山小敷地に児童会館と複合化して建てる。新校舎はRC造、3階、延べ9940m²の規模で、2024年秋ごろの着工を想定する。発注に当たってはWTO政府調達協定の対象となる見込みだ。

 真駒内桜山小と真駒内中は建設から50年以上が経過。同時期の建設で、校区がおおむね一致することから、小中一貫教育のモデル校として新設する。

 主体、設備ともに22年度に基本・実施設計を一括して発注。主体は都市設計研究所、設備はビーゴーイングが担っている。

真駒内地区義務教育学校の配置イメージ

 普通教室24室のほか、1階に給食室(延べ370m²)、児童会館(延べ300m²)、多目的ホール(延べ150m²)を配置。各階にワークスペースを置き、3階にはイベントなどで活用できる多目的空間として屋外交流テラスを設置する計画だ。

 1996年に建設した既存体育館を活用するほか、2つ目となる体育館をRC一部PC造、平屋、延べ1000m²の規模で新築する。

 また、道警官庁舎跡地を取得し、第2グラウンドを整備する。

 新校舎の実施設計を23年度末まで、解体などの設計を24年6月ごろまで進め、既存プールの解体や第2グラウンドの造成後、校舎を新築する。2カ年で建設し、第2体育館建設や既存校舎解体、グラウンド整備に入る考えだ。

 


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (1,827)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,535)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,271)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,172)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,080)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。