稚内建管、こまどり3丁目1急傾斜地の再整備に24年度着工

2023年06月06日 16時50分

擁壁や法枠更新

 稚内建管は、稚内市こまどり3丁目1の急傾斜地の再整備について、2024年度に着工する計画だ。劣化の進む擁壁や法枠を更新し、安全性を高めることを目的とする。23年度に事業化し、26年度に完了予定だ。事業費は4億円を想定している。

 高台にある稚内市こまどり3丁目の稚内テレビ中継局の北東に位置する同地区は、最大崖高22m、最急勾配40度の斜面となっており、斜面の下には人家11戸が立ち並んでいる。

 1990―94年度、04年度に法枠や擁壁などを整備した。しかし度重なる豪雨や凍上融解など自然外力作用で、擁壁の変状や法枠の浮き上がりが見られ、崩壊防止機能の低下が顕在化し、斜面安定度が著しく低下している。

 擁壁や法枠の変状が増大し、斜面崩壊などの土砂災害に発展する恐れがあるため、緊急対策として擁壁と法枠を更新することを決め、23年度に事業化した。

 計画では事業区間130mにわたり土留め柵や排水処理を施し、擁壁と法枠の更新を想定している。

 23年度は調査設計に着手。再整備の手法や詳細な事業費を検討する。


関連キーワード: 土木 宗谷

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,718)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,500)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,203)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,084)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (829)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。