函館開建、国道5号に自転車通行帯を整備へ 延長6.5km

2023年07月05日 16時40分

 函館開建は、函館市内の国道5号で自転車通行帯の整備を計画している。延長6.5kmを施工する見込みで、自転車の事故抑制や脱炭素化に向けた利用促進を図る。2023年度の北海道特定特別総合開発事業推進費(特特推進費)として配分された4億2900万円を投じる方針だ。

施工予定の国道5号(昭和2丁目)。
交通量が多く、安全に走行できる環境が求められる

 対象区間はJR函館駅前の国道278号との交点から道道函館上磯線との交点まで。主な幅員構成は歩道各3.25m、車道14.5mの全幅21mとなっている。

 事業名は「5号ほか交通安全対策函館地区」で、「2050年カーボンニュートラル、グリーン社会の実現を支える社会資本整備の推進」をテーマに事業化した。市の第11次交通安全計画なども踏まえて取り組む。設計、施工時期などは今後詰める。

 主な施工内容として矢羽根型の路面表示や、自転車通行帯を示すピクトグラムなどの配置を想定。道路の両側に設置するかや、施工に合わせて舗装を修繕するかなど詳細は設計を踏まえて検討する。

 施工区間は市内でも交通量が多く、自転車事故が散見される。函館開建は「自転車の利用者が増加傾向にあることから、安全に走行できる環境を早期に整備したい。利用促進でゼロカーボン化にも貢献できれば」としている。


関連キーワード: 渡島 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,719)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,500)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,204)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,084)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (831)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。