15年度道予算案の工事請負費は1538億円-骨格編成で8%減

2015年02月20日 19時10分

 道が2015年度予算案に盛り込んだ工事請負費は約1538億円となっている。4月に知事選を控えた骨格編成のため、前年度当初と比べて約139億円、8.3%下回った。最多の建設費は約730億円で8.8%減少した。

 農政費は3.2%減の約257億3753万円、水産林務費は15.6%減の約244億円。総合政策費は、北海道特定特別総合開発事業推進費が2・2倍を見込んでいることから、62.8%増の伸びを示した。

 教育費は、13年度に着工した道立視覚障がい教育センター校が4月に開校するため整備費が大幅に減少したが、知的障がい高等養護学校と知的障がい養護学校の校舎整備が本格化するため、全体では3.8%増にとどまった。

 20日の第1回定例道議会で可決された14年度補正予算と合わせると約1627億円。同様の方法で前年度と比べると約20%減となる。

 15年度予算案の工事請負費は次の通り。(カッコ内は前年度当初比) 

 総額 1537億8378万7000円(8.3%減)

 一般会計 1471億9513万5000円(8.8%減)

 ◆総務費 60億3179万1000円(13.7%減) 

 ◇総務管理▽行政改革19億3356万6000円▽庁中管理32億8846万2000円▽財産管理5億5445万9000円

 ◇原子力安全対策▽原子力安全対策9264万2000円

 ◇領土復帰対策▽領土復帰対策1億6266万2000円

 ◆総合政策費 51億7112万4000円(62.8%増)

 ◇政策▽社会資本39億9346万円

 ◇科学IT振興▽情報政策3億1178万6000円

 ◇航空▽空港活性化推進3087万8000円▽空港建設8億3500万円

 ◆環境生活費 6863万3000円(88.8%減)

 ◇環境推進▽大気汚染対策636万2000円

 ◇生物多様性保全▽自然環境対策470万円

 ◇地球温暖化対策推進▽地球温暖化対策推進5219万7000円

 ◇文化・スポーツ▽文化・スポーツ振興537万4000円

 ◆保健福祉費 2億2163万8000円(3.8%減)

 ◇保健福祉管理▽保健福祉総務341万7000円

 ◇医療薬務▽医療対策102万6000円

 ◇地域保健▽地域保健2億1719万5000円

 ◆経済費 2億959万2000円(12.1%増)

 ◇食関連産業▽食品産業振興2039万3000円

 ◇環境・エネルギー▽エネルギー対策7500万円▽保安対策7985万円

 ◇人材育成▽公共訓練推進3434万9000円

 ◆農政費 257億3753万8000円(3.2%減)

 ◇農政管理▽農政総務872万円

 ◇農業経営▽経営担い手対策422万3000円

 ◇農地調整▽自作農財産管理2300万円

 ◇農業農村整備▽農業生産基盤整備・保全246億7841万5000円▽農村整備10億2318万円

 ◆水産林務費 244億2274万9000円(15.6%減)

 ◇漁港漁村▽水産基盤整備134億9313万1000円▽漁港管理1億5137万8000円▽漁港海岸保全7億6335万円

 ◇漁業管理▽漁業取締3億2414万2000円

 ◇森林整備▽森林保護種苗対策425万4000円▽林道7億7350万円

 ◇治山▽治山72億3505万4000円

 ◇森林活用▽森林活用促進2737万1000円

 ◇道有林▽道有林管理16億5056万9000円

 ◆建設費 730億3121万4000円(8.8%減)

 ◇建設管理▽建設総務1555万5000円

 ◇維持管理防災▽土木施設維持管理4億5500万2000円

 ◇道路橋梁▽道路整備48億7703万4000円▽道路新設改良339億4476万1000円▽積雪寒冷対策1億1053万6000円

 ◇河川▽河川改良121億1064万9000円▽ダム建設80億698万6000円

 ◇砂防海岸▽砂防65億9334万円▽災害関連508万円▽海岸保全23億3680万円

 ◇都市環境▽街路38億6997万2000円

 ◇公園下水道▽都市公園7億549万9000円

 ◆警察費 19億4478万3000円(53%減)

 ◇警察管理▽警察施設1億818万3000円▽運転免許520万円

 ◇警察活動▽警察活動52万9000円

 ◇交通安全施設▽交通安全施設18億3087万1000円

 ◆教育費 72億3045万6000円(3.8%増)

 ◇教育総務▽財産管理2億1480万4000円

 ◇高校▽学校管理1億8682万8000円▽教育振興5億8800万円▽学校建設28億3648万6000円

 ◇特別支援学校▽学校管理57万5000円▽学校建設34億376万3000円

 ◆災害復旧費 31億2561万7000円(8.3%減)

 ◇農地開発施設▽耕地災復7000万円

 ◇水産林業施設▽漁港災復2億435万4000円▽林道災復2455万5000円▽治山災復7億2295万6000円

 ◇土木施設▽土木災復21億375万2000円

 特別会計 65億8865万2000円(3.7%増)

 ◆公共下水道 6億300万円(3・2倍)

 ▽建設6億300万円

 ◆流域下水道 3億7900万円(77.7%減)

 ▽建設3億7900万円

 ◆道営住宅 56億665万2000円(25.4%増)

 ▽維持管理2371万7000円▽建設55億8293万5000円


関連キーワード: 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (1,860)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,413)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,309)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,100)
コロナ禍でも工事を継続 道内地場ゼネコン
2020年04月28日 (931)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。