道内35市の15年度予算案は普通建設事業費2206億円

2015年03月05日 19時12分

 道内35市の2015年度予算案が5日までに出そろった。本紙集計によると、一般会計に占める普通建設事業費は2205億8255万6000円で、前年度当初を7.9%下回ったものの、2年連続で2000億円台に乗せた。最多は札幌市の777億6677万2000円。市長選を控えた骨格編成のため26%下回った。芦別市も骨格編成だが、消防総合庁舎新築の負担金増額により、2・4倍と35市中最大の伸びを示した。

 35市の一般会計、特別会計、企業会計を合わせた15年度予算の総額は0.1%増の3兆8455億1414万円で、5年連続のプラス。一般会計は0.3%増の2兆1185億1292万6000円で、5年連続の2兆円台となった。

 普通建設事業費は、補助と単独事業、直轄事業負担金、国などからの受託事業で構成。一部の市は、失業対策費や災害復旧費を加えた投資的経費を用いて算出した。

 札幌や函館、石狩、小樽など14市は骨格編成となっている。

 普通建設事業費が前年度当初を上回ったのは16市。骨格編成の赤平市は、芦別市と同じく滝川地区広域消防事務組合発注の消防総合庁舎新築負担金を盛り込んだため84.5%増えた。

 釧路市は公住柏木団地KI、武佐団地R14の耐震改修や柳橋通4車線化への着工をはじめ、継続の学校耐震化PFI2期事業の支払いが本格化したため、2・1倍の大幅増を示した。

 旭川市が155億2129万7000円で、札幌市に次ぐ規模。このほか函館市(149億4951万8000円)、北見市(148億604万7000円)、苫小牧市(108億8873万8000円)が100億円を超えた。

 15年度に着工する主な事業を見ると、北広島市の新庁舎や江別市の江別小・第三小統合校、名寄市の名寄市立大学図書館、札幌市の円山動物園ホッキョクグマ・アザラシ館新築などがある。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,046)
旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (2,846)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,819)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,748)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,511)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。