道の格付け基準点は一般土木などで引き上げか-13日に決定通知

2015年03月06日 19時04分

 道の2015・16年度入札参加資格の格付け基準点は、一般土木など多くの資格で現行(13・14年度)より引き上げになるもようだ。総合評定数値を構成する客観点の基となる経営事項審査総合評定値が各社上昇しているため。道は13日に決定通知する予定だ。

 道の建設工事資格は13種類あり、うち9種類は複数等級で格付けされる。

 主な資格の基準点を見ると、一般土木は現行で、A等級が1065点以上。1140点以上が全道的に受注活動を展開できるA1、1065点以上1139点以下が管内限定のA2にそれぞれ区分される。B等級は880点以上1064点以下、879点以下がC等級となっている。

 15・16年度はA1、A2等級ともにボーダーラインが引き上げ、B、C等級は据え置きとなるもようだ。

 A等級が880点以上、B等級が760点以上879点以下、C等級が759点以下の建築は、全等級の基準点が引き上げとなる公算が強い。

 A―D等級の4区分からA―C等級の3区分に再編する農業土木は、A等級が現行の1075点以上から引き上げになる見込みだ。

 多くの格付け資格で基準点が引き上げとなるのは、客観点のベースとなる経審で、アベノミクスに伴う公共事業発注量増加の影響により、総合評定数値に占める割合が最も大きいX1点(完工高)が、各社上昇していることが主な要因。

 このほか、道は主観点となる技術・社会点で、35歳未満の若年者を雇用した企業を加点する「担い手の育成」の評価項目を新設するなど、最大値を215点として13点引き上げている。


関連キーワード: 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,209)
4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,188)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (3,547)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,524)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思...
2020年04月14日 (2,498)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。