14年度の公共工事契約額は4.3%減1.1兆円-下半期が大幅ダウン

2015年06月12日 19時15分

 公共事業施行対策北海道地方協議会がまとめた、道内公共事業発注機関の2014年度工事契約額は、前年度比4.3%減の1兆1018億6000万円にとどまり、3年ぶりに減少した。市町村が増加した以外は全て減少。国と道が大きく下回った。特に下半期(10―3月)が24.5%減と大きく落ち込んだ。

 同協議会は国(財務局、労働局、森林管理局、経済産業局、開発局)と道、札幌市、独立行政法人や政府系企業(鉄道建設・運輸施設整備支援機構道新幹線建設局、東日本高速道路道支社)で構成。半年ごとに道内の工事予算や発注実績、資材や労働者の需給状況などを集計している。

 市町村などを含めた14年度の工事契約額は前年度を約496億円下回った。発注機関別では、市町村が200億円増、鉄道・運輸機構と東日本高速道路が50億円減、道が160億円減、開発局と森林管理局が485億円減という状況。

 14年度は13年度補正予算の繰り越しなどによりり、上半期(4―9月)は道や市町村を中心に13年度を上回る契約額で推移。しかし下半期に入り、国が前年度の6割、道が7割、市町村が8割の水準にとどまった。下半期に前年度を上回ったのは独法・政府系企業だけだった。

 発注機関別のシェアは、市町村が44.9%で最も高く、3.7ポイント増で唯一上昇した。このほか、国が2.9ポイント低下の30.6%、道が0.5ポイント低下の19.1%、独法・政府系企業が0.2ポイント低下の5.5%となった。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR北海道 小樽、ニセコにホテルを計画
2019年07月23日 (2,371)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,060)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,832)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,464)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,396)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第165回は「のどの渇きと湿度」。体 温が下がらず余計に汗が出るため、湿 度が高いと喉が渇きやすくなります。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。