14年度の公共工事契約額は4.3%減1.1兆円-下半期が大幅ダウン

2015年06月12日 19時15分

 公共事業施行対策北海道地方協議会がまとめた、道内公共事業発注機関の2014年度工事契約額は、前年度比4.3%減の1兆1018億6000万円にとどまり、3年ぶりに減少した。市町村が増加した以外は全て減少。国と道が大きく下回った。特に下半期(10―3月)が24.5%減と大きく落ち込んだ。

 同協議会は国(財務局、労働局、森林管理局、経済産業局、開発局)と道、札幌市、独立行政法人や政府系企業(鉄道建設・運輸施設整備支援機構道新幹線建設局、東日本高速道路道支社)で構成。半年ごとに道内の工事予算や発注実績、資材や労働者の需給状況などを集計している。

 市町村などを含めた14年度の工事契約額は前年度を約496億円下回った。発注機関別では、市町村が200億円増、鉄道・運輸機構と東日本高速道路が50億円減、道が160億円減、開発局と森林管理局が485億円減という状況。

 14年度は13年度補正予算の繰り越しなどによりり、上半期(4―9月)は道や市町村を中心に13年度を上回る契約額で推移。しかし下半期に入り、国が前年度の6割、道が7割、市町村が8割の水準にとどまった。下半期に前年度を上回ったのは独法・政府系企業だけだった。

 発注機関別のシェアは、市町村が44.9%で最も高く、3.7ポイント増で唯一上昇した。このほか、国が2.9ポイント低下の30.6%、道が0.5ポイント低下の19.1%、独法・政府系企業が0.2ポイント低下の5.5%となった。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,023)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,494)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,468)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (985)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。