室蘭開建が日高自動車道新冠ー静内間の津波回避ルート案まとめる

2015年07月03日 19時20分

 室蘭開建は、日高自動車道厚賀静内道路の新冠―静内間で、新たに津波回避ルート案をまとめた。仮称・新冠ICの位置は現行計画から変更はないが、その先のルートを山側へ大きく変更。静内市街で235号に接続するはずだった仮称・静内ICは、内陸部で道道平取静内線に接続することになる。2015年度内に確定させる意向で、この案通りに決まった場合、当初計画に盛り込んでいた静内トンネルなどの構造物も見直す可能性もある。

 ルートの現計画案は、235号と道道滑若新冠停線の交点付近に設けられる新冠ICから新冠市街地の北側を通り、新ひだか町静内市街西部の静内ICで235号に接続することになっている。延長は5・4㌔、主要構造物として、延長1290mの静内トンネル、橋長430mの新新冠川橋の整備が見込まれていた。

 静内ICを静内市街に設けるとする現行計画は平常時の利便性に優れているものの、整備予定地やルートの一部が道の津波浸水予測範囲に含まれているため、大津波発生時には避難道路として機能しなくなる恐れがある。地元の新ひだか町は、室蘭開建に対しルート見直しを求めていた。

 室蘭開建はこの要望を踏まえ、津波浸水予測範囲を極力回避し、ICを範囲外の位置に移す新たなルート案を策定。静内市街地の北側を通過し、静内こうせい町の高静小付近から静内神森の静内第三中付近の間で道道平取静内線と接続するICを設ける。整備延長は1・7㌔伸びて、7・1㌔となる。

 室蘭開建はルートの検討に住民意見を反映させるため、学識者、住民・利用者代表、関係行政機関で構成するPI(パブリック・インボルブメント)委員会を1日に設置。初会合の中で現計画案と津波回避ルート案の両案を示したところ、津波エリアを回避する方向で合意した。

 今後はルートに求められる機能や選定に当たり配慮すべき事項などについて、アンケートを通して住民意見を聴取する。

 10月に予定する次回のPI委員会では、概略計画案を基に従来ルート案と津波回避ルート案を比較検討する見通し。早ければここで委員会としての案を決める。


関連キーワード: 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

4町で新設方針も 十勝管内で道の駅整備機運高まる
2022年11月10日 (4,355)
羽生結弦選手プロに
2022年07月21日 (4,251)
22年度上半期ゼネコン道内受注高ランキング 首位は...
2022年11月09日 (2,707)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,501)
帯広中心部の空洞化懸念 藤丸百貨店閉店に危機感
2022年11月11日 (1,958)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。

連載 旧双葉幼稚園
建築から1世紀

旧双葉幼稚園建築から1世紀
旧双葉幼稚園園舎が完成から100年を迎えた。園舎の歩みと次の1世紀に向けた取り組みに迫る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第243回「感染拡大」。ワクチン効力低下も原因です。若い世代への接種督励を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第26回「暖炉とマントルピース」。コミュニケーションを円滑にする仕掛けが潜んでいそうです。