中富良野町が学校施設老朽化対策の基本構想を策定中

2015年07月08日 19時22分

 中富良野町は、町内小中学校の校舎と屋体を対象に老朽化対策基本構想の策定を進めている。目視やボイラの点検記録を基に施設の老朽化状況を把握し、想定される改修や補修内容と概算事業費、整備年次を盛り込む予定だ。改修や補修を施す施設の優先順位を見極め、計画的な修繕などにより施設の長寿命化を図っていく。

 町内には小学校が中富良野小など6校、中学校は中富良野中の1校がある。2011年度に旧耐震基準だった中富良野小で耐震スリットを整備し、町内小中学校の耐震化は全て完了した。

 役場庁舎の耐震化は08年度に終え、公営住宅も町内で最も古い弘北団地の建て替え事業が15年度からスタートするなど、町内の公共施設整備は学校施設の老朽化対策が今後の焦点となる。

 このため、町は将来学校施設の改修などに掛かる費用の把握に向け、老朽化対策基本構想を策定することにした。

 第5期まちづくり総合計画(11―20年度)では、中富良野小、中富良野中などの外壁、屋根、配管の改修を盛り込んでいるが、これも基本構想の中で具体化していく考え。

 また、構想では老朽化対策だけではなく、教室の壁を取り除いたオープンスペースとした場合の概算事業費なども算出し、学校施設機能と教育環境の向上も視野に入れていく。

 基本構想策定は本年度に柴滝建築設計へ発注済み。業務期間は16年3月下旬までの予定となっている。


関連キーワード: 学校

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 東宏
  • オノデラ
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (7,896)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,392)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,170)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,774)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,201)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。