岩見沢市のプレミアム建設券が好調-申し込み1万枚超す

2015年08月03日 19時28分

 岩見沢市で販売しているプレミアム建設券の申し込み枚数が、7月30日時点で1万1618枚に達した。全体の発行予定枚数1万6000枚に迫る勢いで、有効期限である11月30日以前の完売が見込まれるほどの好調ぶりだ。建設券を活用した工事の申込件数は、約1カ月前から326件積み増した1065件。見積額も10億935万5065円に上るなど、需要の掘り起こしに効果が表れている。

 プレミアム建設券は、1枚5万円で5万7500円分の使用が可能。1世帯の購入上限は20枚となっている。市では、2014年度で終了したあんしん住まいづくり助成事業に代わる住宅改修や修繕の助成事業と位置付けている。

 建設券を利用する工事は、住宅改修や庭などの外構整備といった小規模なものが多く、1件当たりの平均見積額は94万7751円。1件当たり149万円だったあんしん住まいづくりと比べると少ないが、総額を見ると14年度のあんしん住まいづくりは約7億4000万円。現時点で建設券が約1・5倍となっている。

 この結果について、市は「あんしん住まいづくりでは補助対象にならなかった小規模な工事に使われている」と分析。市民にとって使いやすく消費喚起につながっているとの見方を示した。

 申し込みがあった建設券のうち8769枚、5億421万7500円分が既に販売済み。工事は837件が発注されている。工事を請け負う登録事業所も219社と増加傾向にあり、地域経済の活性化に寄与しているようだ。


関連キーワード: 商業 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,257)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,235)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,081)
大和ハウス 札幌・円山の中古マンションをホテルに改修
2019年09月17日 (1,901)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,566)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。