16年度の地方創生新型交付税が全国規模1080億円で高橋知事「少ない」

2015年08月07日 19時27分

 高橋はるみ知事は7日の定例記者会見で、2016年度予算概算要求で地方創生の新型交付金の規模が、14年度補正予算で先行計上した1700億円を下回る1080億円にとどまることについて、「全国でこれは少ない印象。(自由な)交付金を一定額以上ということをお願いしていたという経緯からすれば、やや残念だ」との見解を示した。

 新型交付金は、従来の補助金では対応しきれない先進的な事業に取り組む自治体を支援するのが狙い。

 高橋知事は、地方交付税措置など国全体としての地方に対する財政措置の制度設計がまだ明らかになっていないと指摘。ただ、地方創生は国の支援のあるなしにかかわらず、地方自身がやらなければならない大きな課題だとし、「各市町村と共に北海道の地方創生を進めたい」と強調した。

 このほか、米ハワイ州マウイ島で開かれた環太平洋連携協定(TPP)交渉閣僚会合で、12カ国全体の大筋合意が見送られたことについて「引き続き情報収集に努めたい」と述べた。


関連キーワード: 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 川崎建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (9,227)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,147)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,560)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,276)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,100)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第191回は「じゃがいも」。秋の味覚です。カロリーはご飯の半分、ビタミン豊富で意外にもバランス良く栄養補給できます。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。