16年度概算要求で直轄農業は22%増634億円-新規に4地区

2015年08月31日 19時14分

 2016年度予算の概算要求に盛り込まれた、道内直轄農業農村整備の要求額は前年度当初比22.4%増の634億円となっている。新規は国営農地再編の愛別、大雪東川第一、雄武丘陵、国営総合農地防災勇知の4地区。開建別では、留萌が2・8倍、網走が75.3%増、室蘭が67.1%増などの高い伸びを示している。札幌が19.7%増の212億円で最も多い。

 合計56地区に国営緊急農地再編や国営かん排などの地区で優先課題推進枠を活用し、2割を超える増額要求となった。

 事業着手前に構造物の設計を進める全体実施設計には、国営かん排の江別南幌地区と国営総合農地防災雨竜川下流地区が登場した。新規は旭川で2地区、網走と稚内で各1地区。このほか調査計画地区として、国営かん排中後志と農用地再編岩見沢北村の2つを挙げた。

 開建別に見ると、札幌は国営かん排長沼地区が事業の本格化から国営かん排の恵庭北島地区が5・1倍の9億1000万円、幌加内地区が3・7倍の4億1000万円などで大幅増。このほか北海地区は2・1倍の27億5000万円、道央用水三期地区は84.1%増の48億3500万円となった。

 旭川は国営かん排ふらの地区が4・3倍となる28億9000万円、国営農地再編上士別地区が45.5%増の27億2000万円などの増額要求をしている。

 帯広は国営かん排美蔓地区が15年度で完了することなどから、全体で4割減の25億3000万円と大きく減少した。

 16年度の完了予定地区は、札幌の樺戸二期、函館の大野平野、帯広の利別川左岸、旭川の空知川となっている。


関連キーワード: 国交省 農林水産 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 古垣建設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (2,812)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,340)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,287)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (2,015)
札幌西ICフル規格化 署名2万筆集め今夏から要望活動
2019年07月07日 (1,701)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。