帯広市がPFI方式の総合体育館建設実施方針案まとめる

2015年09月10日 19時22分

 帯広市は、PFI方式を導入する新総合体育館建設の実施方針案をまとめた。応募者の参加資格条件で、建設担当者に2001年度以降で延べ2000m²以上の体育館や体育施設の主体元請け施工実績と、建築など4工種のいずれかで経営事項審査の総合評定値が一定点数を満たすことなどを求める。地域要件は設定しなかった。

 10日の市議会建設文教委員会で、市教育委員会の敦賀光裕スポーツ振興室長が報告した。

 特別目的会社(SPC)は帯広市内に本社を置き、出資に関し、SPC出資企業である構成員の議決権の合計が全議決権の3分の2を超えることを条件付けた。

 設計、工事監理、建設、維持管理、運営の各業務のうち建設と運営は、構成員としてそれぞれ1者以上の参加を求める。

 業務別の構成員と協力企業の条件を見ると、建設に関しては施工実績のほか、建築、土木、電気、管のいずれかで、経審の総合評定値が一定点数(建築と土木が900点以上、電気と管が800点以上)を満たすか、帯広市の格付けでA等級であることを求める。

 複数の企業で建設を担当する場合は、施工実績は1者以上が該当することとする。

 設計と工事監理は、帯広市の建築設計に登録し、01年度以降に、建設で求める施工実績と同規模の施設の実績を条件付けた。維持管理業務と施設運営は、01年度以降にそれぞれ5年以上業務を実施した実績を求める。

 地域要件は設定しなかったが、構成員か協力企業に帯広市内に本・支店か営業所を置く者を加えることや、必要な資機材や人材を市内から調達することなど、地元経済に配慮するよう求める文言を入れ、審査基準で評価する可能性を示唆した。

 新総合体育館は、大通北1丁目の現在地と隣接する啓北公園を合わせた敷地2万5000m²に3階建て、延べ1万2500m²の規模で建設する計画。公募型プロポーザル方式を採用し、16年4月に募集を開始する。同10月に優先交渉権者を決定する見通しだ。


関連キーワード: 市町村行政 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 日本仮設
  • イイファス
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (7,896)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,392)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,170)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,774)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,201)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。