帯広市がPFI方式の総合体育館建設実施方針案まとめる

2015年09月10日 19時22分

 帯広市は、PFI方式を導入する新総合体育館建設の実施方針案をまとめた。応募者の参加資格条件で、建設担当者に2001年度以降で延べ2000m²以上の体育館や体育施設の主体元請け施工実績と、建築など4工種のいずれかで経営事項審査の総合評定値が一定点数を満たすことなどを求める。地域要件は設定しなかった。

 10日の市議会建設文教委員会で、市教育委員会の敦賀光裕スポーツ振興室長が報告した。

 特別目的会社(SPC)は帯広市内に本社を置き、出資に関し、SPC出資企業である構成員の議決権の合計が全議決権の3分の2を超えることを条件付けた。

 設計、工事監理、建設、維持管理、運営の各業務のうち建設と運営は、構成員としてそれぞれ1者以上の参加を求める。

 業務別の構成員と協力企業の条件を見ると、建設に関しては施工実績のほか、建築、土木、電気、管のいずれかで、経審の総合評定値が一定点数(建築と土木が900点以上、電気と管が800点以上)を満たすか、帯広市の格付けでA等級であることを求める。

 複数の企業で建設を担当する場合は、施工実績は1者以上が該当することとする。

 設計と工事監理は、帯広市の建築設計に登録し、01年度以降に、建設で求める施工実績と同規模の施設の実績を条件付けた。維持管理業務と施設運営は、01年度以降にそれぞれ5年以上業務を実施した実績を求める。

 地域要件は設定しなかったが、構成員か協力企業に帯広市内に本・支店か営業所を置く者を加えることや、必要な資機材や人材を市内から調達することなど、地元経済に配慮するよう求める文言を入れ、審査基準で評価する可能性を示唆した。

 新総合体育館は、大通北1丁目の現在地と隣接する啓北公園を合わせた敷地2万5000m²に3階建て、延べ1万2500m²の規模で建設する計画。公募型プロポーザル方式を採用し、16年4月に募集を開始する。同10月に優先交渉権者を決定する見通しだ。


関連キーワード: 市町村行政 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,185)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,388)
地下鉄駅中心に半径400m 札幌市の中島公園周辺整備構想
2019年06月28日 (2,169)
札幌・発寒にスポーツ用品店 アルペンが入居
2019年06月24日 (1,888)
札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (1,647)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第163回は「Jカーブ効果」。お酒を 全く飲まない人やたくさん飲む人より 少量を飲む人の健康リスクが低くなる 場合があります。

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。