JR北海道が苗穂新駅舎に来秋着工-11月から実施設計

2015年10月29日 19時22分

 JR北海道は29日、苗穂駅の移転・橋上駅舎化について、新駅舎の計画概要を発表した。駅舎は延べ約1400m²の規模で構想。11月から実施設計に着手する見込みで、2016年秋ごろの着工を予定している。

 現在の苗穂駅(札幌市中央区北3条東13丁目)の300mほど西寄りに整備する。新駅舎はS造、2階、延べ約1400m²の規模を想定。橋上駅舎形式で、札幌市が整備する自由通路に接続する。ホームは、札幌・小樽方面行きと岩見沢・千歳方面行きの各1面となる。

 昇降設備はエスカレーターの設置を取りやめ、階段を各ホーム2カ所、計4カ所設ける。エレベーターは各ホーム1基、計2基を整備する。乗車定員を11人から15人乗りへと見直し、大型化を図ることでバリアフリー化や利便性向上につなげる。

 ホームと駅舎は16年度から18年度にかけて建設。18年度中の供用を目指している。現駅舎は18年度から19年度にかけて解体する見通しだ。


関連キーワード: 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • イイファス
  • web企画
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,958)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,661)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,065)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,684)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,463)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。