旭川市の16年度予算案は一般会計1570億円-複合体育施設基本設計盛る

2016年01月29日 19時20分

 旭川市は29日、2016年度予算案を各部局に内示した。一般会計は前年度当初比0.9%減の1570億2100万円。主な事業として、東光スポーツ公園複合体育施設の基本設計や永山小大規模改造、仮称・動物園通り産業団地造成、緑が丘地域複合コミュニティー施設の基本・実施設計などを盛り込む。定期便増加に対応するため、旭川空港の整備対策費も計上した。

 総額は0.7%減の2828億3200万円。うち特別会計は、水道事業など企業会計を含めて0.4%減の1258億1100万円を見込む。

 一般会計に占める経常費は、障害者自立支援や生活保護など扶助費の伸びにより0.6%増の1106億8700万円。臨時費は末広小や中央中の整備にめどが立ち、教育費が端境期を迎えたことなどから、4.2%減の463億3300万円を措置する。

 土木費は0.5%増の164億円となる見通し。街路整備では、神楽3条通整備3工区や神居旭山通神居工区などに取り組む計画。除雪費は過去最大となった15年度並みの約26億4500万円を確保する。

 主な事業を見ると、新庁舎整備では基本計画策定と執務環境調査を予定。15年度で16億円に達した整備基金の積み増しも進める。

 企業誘致の受け皿となる仮称・動物園通り産業団地の造成に向け、事業主体である旭川振興公社への開発事業貸し付けも準備。中心市街地活性化を目指し、買物公園キャノピー整備も推進する。

 15年度に基本設計を予定していた緑が丘地域複合コミュニティー施設は、基本・実施設計を一括発注する方針。教育関連では小中連携・一貫教育を視野に入れた旭川小の実施設計と、現校舎建設から41年を数える永山小の大規模改造費を計上する。

 そのほか、東光スポーツ公園はサッカー場のナイター照明や園路広場を整備。複合体育施設はレスリングやバスケットボールなどの全国大会開催を念頭に、基本設計へ着手する。

 歳入が未確定のため予算額は前後する可能性がある。これが固まるのを待ち、市は2月5日に予算案を発表する。


関連キーワード: 道北

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (4,316)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,316)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,554)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (1,950)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,678)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地

ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地
本道企業から注目を集めるノボシビルスク。高度人材の輩出地、新ビジネスの発信地の最前線をレポートする。