外国人来道300万人で経済効果2081億円増-道が国際線需要予測

2016年05月11日 19時16分

 道は、道内空港国際線需要予測調査の結果をまとめた。2020年の外国人来道者数は、道内空港の受け入れ体制が現状のままだと251万人となり、ターミナル施設の拡張など全道的に強化すると300万人に上ると見込んだ。また、20年に300万人を達成した場合、現状の体制による251万人に比べ、年間の経済波及効果が2081億円増加すると試算した。

 15年11月時点の諸外国のGDPなどを基に需要を予測した。①新千歳空港の発着枠など基本的な制約が解決されない場合②新千歳空港の発着枠など基本的な制約が緩和された場合③全道的な受け入れ体制のさらなる強化が進められた場合―の3つの条件で調査。20年の訪日外国人数を2480万人と仮定すると、外国人来道者数は①で251万人、②で273万人、③で300万人とした。

 300万人を達成するためには、新千歳空港の発着枠増加や乗り入れ制限緩和、地上支援業務体制の確保、各空港のターミナル施設拡張やCIQ(税関・出入国管理・検疫)機能の強化などハード、ソフト両面で対策が必要としている。

 経済波及効果も試算。20年に300万人を達成した場合、現状の体制で予測される251万人に比べ、直接効果が1262億円、資材・原材料など他産業への波及効果である第1次生産誘発効果が429億円、雇用者所得が消費に回ることによる第2次生産誘発効果が391億円それぞれ増加すると見込んだ。


関連キーワード: 北海道庁 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅の新幹線ホームイメージ 札幌市が公表
2019年09月21日 (4,689)
札幌・南2西3南西地区再開発 23年4月開業へ工事着手
2019年10月02日 (2,516)
上空をデッキで接続検討 北5東1街区と北5西1・2
2019年10月01日 (2,342)
地下鉄南北線さっぽろ駅にホーム増設
2019年10月12日 (1,808)
カレスサッポロ 札幌・北4西18の複合施設に着工
2019年10月07日 (1,756)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第168回は「カロリーと肥満」。同じ カロリーでも、たんぱく質を多く含む 食べ物は肥満になりにくいです。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。