大災害時にドローン活用-釧路市が民間サポート隊と運用協定

2016年08月09日 19時18分

 釧路市消防本部は、市内で無人航空機(ドローン)を所有する3社で構成する「946(くしろ)ドローンサポート隊」と大災害時の無人航空機の運用に関する協定を締結した。民間協力を得て、大災害時の情報収集確立と迅速な災害対策を図る。

 市消防本部は、大災害時の消防活動でドローンが有効であると認識。しかし単独では手探り状態のため、市内の民間業者に協力を呼び掛けたところ、太平洋総合コンサルタント、大陸建設、オイコスの3社が応じ「946ドローンサポート隊」を結成。代表には太平洋総合コンサルタントの工藤覚社長が就いている。1日に市消防本部と同サポート隊が協定を締結した。

 消防本部は、数年に1回程度発生している釧路湿原の火災などをこれまでは目視で確認してきたが、ドローンを使った撮影で面積や延焼方向など正確な情報を収集し、迅速な対応に役立てることが可能になると期待。また、大地震などで道路が寸断された場合などの状況把握にも有効と考えている。

 協定によると、協力要請は3社同時に日時や集合場所を電話とFAXする。出動が可能な業者が対応し、空撮による静止画や動画などの情報を提供する。運営経費は消防本部が負担。ドローンの運用は日中のみとする。

 市消防本部警防課では「同様の取り組みは、道や福島町などで実施している。今後もサポート隊に入って協力していただける業者を呼び掛けたい」と話している。


関連キーワード: ICT 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,082)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,924)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,134)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,729)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,491)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。