東川町清流団地に知事賞-2016北の地域住宅賞

2016年10月18日 19時21分

 道と市町村などで構成する北海道地域住宅協議会(会長・高橋定敏留萌市長)は、2016北の地域住宅賞を決めた。大賞に当たる知事賞に東川町清流団地、協議会長賞に根室市光洋団地を選出した。このほか、奨励賞に4団地を選んだ。25日にポールスター札幌で表彰式と研修会を開く。

 地域の住宅政策の推進を目的に、地域活性化や定住促進などの観点から、他の模範となる公住を表彰している。

 2016年度は知事賞、協議会長賞のほか、ニセコ町西富団地、枝幸町新港団地、訓子府町末広C団地、清水町清和団地が奨励賞に輝いた。

 知事賞を受賞した東川町清流団地は、町の景観基準に合わせた勾配屋根が町独自の団地景観を生み出し、小屋裏空間を収納として有効に活用している。起伏のある広場を整備するなど、多世代の交流やコミュニティー形成への寄与が認められた。

 協議会長賞に輝いた根室市光洋団地は、12カ年をかけて7棟300戸を再編。床を乾式二重床として設備の更新を容易にするとともに、非耐力壁をCB造にするなど合理的な工法によりコストを削減した。また、住棟に囲まれた広場や集会所の整備によってコミュニティーの形成に寄与していると評価された。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,124)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,481)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,456)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,082)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。