3次補正のゼロ国債は道内に900億円超-災復は国費600億円

2016年12月19日 19時12分

 国土交通省は、政府が22日に閣議決定を予定している2016年度第3次補正予算案で、道内向けのゼロ国債に事業費ベースで900億円超を措置する見通しだ。前年度を若干上回る規模。第3次補正予算案には公共土木施設の災害復旧事業も盛り込み、道内には国費600億円弱を充てる見込み。

 19日に自民党本部で開かれた同党の北海道総合振興特別委員会で、国交省の田村秀夫北海道局長が明らかにした。

 事業費ベースのゼロ国債は、全国に2984億円を措置することで調整中。田村局長は道内分について、「900億円を少し超える規模の確保で最終調整している段階」と話し、893億円だった前年度を上回る見通しを示した。

 11年度は629億円、12年度は776億円、13年度は845億円、14年度は1002億円だった。16年度が900億円超になれば、過去10年間で2番目に大きい規模となる。

 今夏の台風や豪雨で被害を受けた河川、道路、港湾など公共土木施設の災害復旧には、全国で国費944億円を計上する方向で調整。田村局長は「北海道関係がかなりの割合を占める。500億円から600億円の間で、600億円に近い数字になる」と話した。

 国交省関係ではこの他、尖閣諸島周辺海域での領海警備など、現場の状況をリアルタイムに複数のチャンネルで情報共有できるように映像伝送機能を強化するため、国費で30億円を盛り込むことも説明した。


関連キーワード: 国交省

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (3,619)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,064)
安倍元首相亡くなる 本道への功績を忘れてはならない
2022年07月08日 (1,820)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,755)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,518)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。