函館にロボット産業を-名古屋の企業が拠点、将来は競技大会も

2017年08月23日 19時09分

 ワダエンジニアリング(本社・名古屋)の和田典之会長らは22日、函館市役所を訪れ、工藤寿樹市長と懇談した。2028年に函館でロボットの性能を競う大会の開催を構想するなど、ITとAIを活用して地域を活性化する意気込みを伝えた。

 航空宇宙機器の製造に携わる同社は、函館ものづくり産業アンバサダーを務めるビックボイス(本社・東京)の佐々木治郎社長の紹介がきっかけで、6月30日に函館市産業支援センター内に「函館R&Dセンター」を開設した。

 県外初の拠点となる函館では、大手自動車メーカー関連企業の情報系業務のほか、地元教育機関と連携して情報技術やロボットの開発を推進。市とは、市内の拠点構築に関する支援などで連携協定も結んでいる。

 この日は、和田会長と和田伸夫社長らが訪問。和田会長は「将来的にはいろいろな職業が機械化される。函館にプログラマーが集まる環境をつくりたい」と話し、和田社長は「優秀な学生も多い」として産学官連携で雇用創出に貢献する考えを示した。

 工藤市長はロボット産業について「発展性のある面白い分野。組み合わせ次第で可能性は無限大」と話し、大いに活躍してほしいとエールを送った。


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(9月)

大成など3社に優先権 新千歳空港国際線ターミナルビル拡張
2017年09月15日 (2,003view)
1万m²マンションを札幌市大通西28に計画 東急不動産
2017年09月06日 (1,679view)
北海道警察学校新営(3期)17建築 五洋建設が落札
2017年09月07日 (1,338view)
平取町国保病院改築は西松らJVが13.7億円で落札
2017年09月04日 (1,186view)
道東道 新得地区土石流対策を戸田建設に落札決定
2017年09月05日 (1,090view)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

第120回は「汗と爽快感」。皮膚表面の温度低下と、運動したという達成感が合わさり、さわやかな気分に。

連載 空知を語る 24首長new

北・中・南の3地域に24の市と町を置く空知。まちづくりの取り組みを自治体トップに聞いた。