北海道建設人物事典 高木正雄 編


北海道をハードに築いた
1129人の業績と記録

■高木 正雄 編
■定価:本体1,800円+税

○原始林に壮大なプランを描き、拓殖・開発と長期計画を樹立した31人の北海道庁長官と政治家たち。

○港湾・鉄道・道路・治水・農地開発・土地改良・住宅建設・公共施設建設と寒地土木・北方建築を独自に開発した研究者と現場技術者たち。

○敢然と未開の地に挑み、鉄道敷設・道路築造・港湾建設・堤防・ダム築設、田畑開墾・学校・庁舎・住宅建築に身を挺した建設業者群。

 高木氏は1930年旭川生まれ。北海道学芸大学旭川分校(北海道教育大学旭川校)を経て、54年に建設報道界に入り、58年に北海道建設新聞社創業に参画。40年以上、一貫して報道・制作の責任者を務め編集局長・制作局長、代表取締役副会長、顧問を歴任、
2000年に退任した。 この間、1954年以降は第一線で各界のリーダーに直接取材、それ以前は古老の聞き語りや資料発掘・調査など50年近く続けてきた。その成果は北海道建設新聞連載・発行の「風雪の百年―北海道建設業界史」をはじめ「札幌建設昔話」(162回連載)、「風雪の群像」(115回連載)、
「この道50年」「わが道」などで記録してきた。 さらに北海道建設業協会80年史、札幌建設業協会史など旭川・空知・網走・室蘭の各建設協会史の監修・編集を依頼され、地域別の資料発掘に長年にわたって努めてきた。
その資料を踏まえて、原始北海道が今日の姿まで開発され発展する過程お年別・事項別に詳細に記録した「北海道建設年表」(B5版492ページ)を平成16(2004)年に出版した。この年表とともに、
拓殖・開発推進に貢献し風化しかねない各界1,129人の事績を記録にとどめようと、姉妹編ともいうべき本事典を刊行した。

出版物のご購入お申し込み

【関連書籍】

「北海道建設年表」
高木正雄氏編・北海道建設新聞刊

聖徳太子が四天王寺を建てた五九三年から二〇〇三年末まで、北海道の建設に関係する幅広い情報を整理。建設の視点から本道の歴史を振り返る一冊。


e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,078)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (3,018)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,147)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,738)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,547)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。