北海道建設人物事典 高木正雄 編


北海道をハードに築いた
1129人の業績と記録

■高木 正雄 編
■定価:本体1,800円+税

○原始林に壮大なプランを描き、拓殖・開発と長期計画を樹立した31人の北海道庁長官と政治家たち。

○港湾・鉄道・道路・治水・農地開発・土地改良・住宅建設・公共施設建設と寒地土木・北方建築を独自に開発した研究者と現場技術者たち。

○敢然と未開の地に挑み、鉄道敷設・道路築造・港湾建設・堤防・ダム築設、田畑開墾・学校・庁舎・住宅建築に身を挺した建設業者群。

 高木氏は1930年旭川生まれ。北海道学芸大学旭川分校(北海道教育大学旭川校)を経て、54年に建設報道界に入り、58年に北海道建設新聞社創業に参画。40年以上、一貫して報道・制作の責任者を務め編集局長・制作局長、代表取締役副会長、顧問を歴任、
2000年に退任した。 この間、1954年以降は第一線で各界のリーダーに直接取材、それ以前は古老の聞き語りや資料発掘・調査など50年近く続けてきた。その成果は北海道建設新聞連載・発行の「風雪の百年―北海道建設業界史」をはじめ「札幌建設昔話」(162回連載)、「風雪の群像」(115回連載)、
「この道50年」「わが道」などで記録してきた。 さらに北海道建設業協会80年史、札幌建設業協会史など旭川・空知・網走・室蘭の各建設協会史の監修・編集を依頼され、地域別の資料発掘に長年にわたって努めてきた。
その資料を踏まえて、原始北海道が今日の姿まで開発され発展する過程お年別・事項別に詳細に記録した「北海道建設年表」(B5版492ページ)を平成16(2004)年に出版した。この年表とともに、
拓殖・開発推進に貢献し風化しかねない各界1,129人の事績を記録にとどめようと、姉妹編ともいうべき本事典を刊行した。

出版物のご購入お申し込み

【関連書籍】

「北海道建設年表」
高木正雄氏編・北海道建設新聞刊

聖徳太子が四天王寺を建てた五九三年から二〇〇三年末まで、北海道の建設に関係する幅広い情報を整理。建設の視点から本道の歴史を振り返る一冊。


  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (14,230)
テイセンボウル解体へ 跡地8600m²利活用を検討
2018年07月23日 (3,570)
札幌市、東豊線コンコースをさっぽろ駅北側へ延伸
2018年08月07日 (2,822)
大通東1に再開発ビル 約10万m²、総事業費500億円超
2018年08月10日 (2,646)
南22条NTT北海道セミナーセンタ跡地に商業施設計画
2018年08月03日 (2,217)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第141回は「座りすぎ」。座っている時間が世界一の日本人。脳や体への悪影響が懸念されます。心配なあなたに提案です。