国立アイヌ民族博物館 来週早々にも主体公告

2017年09月12日 10時00分
国立アイヌ民族博物館の完成イメージ(基本設計段階)

博物館の完成イメージ図(基本設計段階)

 北海道開発局営繕部は、アイヌ文化振興の拠点「民族共生象徴空間」で新築する国立アイヌ民族博物館の発注準備を進めている。10―12月を入札予定時期とするWTO対象の建築主体は、早ければ来週早々にも公告するとみられる。

 

 博物館は、アイヌ文化振興の拠点「民族共生象徴空間」の中核施設として、白老町若草町のポロト湖畔に整備するもの。文化庁が整備管理者となり、支出委任を受ける北海道開発局が発注業務を担う。

 基本設計段階での建物規模はSRC造、3階、延べ約8600m²。2階に展示室や収蔵庫を配置し、1階に映像や音声でアイヌ文化の概要を紹介するシアターやエントランス、カフェ、調査・研究スペースなどを置く。3階は機械室。主要スペースを2階に配置したことから、2階部分が湖に張り出す形となっている。

 展示スペースは基本展示室、テーマ展示室、特別展示室が横に並ぶ。テーマ展示室と特別展示室は可動壁で仕切れるようになっており、展示内容に合わせ、両スペースを一体的に使用することも可能にしている。

 また、建物の湖畔側には屋外テラスやガラス張り眺望スペースを設け、自然環境との調和を図っている。建物東側の一角にはピロティ形式による、収蔵庫増築スペースを用意している。

 現在、建物は久米設計、展示は丹青社で実施設計を進めている。

 2018年度予算の概算要求では、国立アイヌ民族博物館や国立民族共生公園の整備費などに72億円余りを要求。このうち博物館の整備と運営準備には文化庁として17年度予算の3・2倍となる42億7000万円を求めている。

 主体は外構や昇降機設備を含む。主体告示後は追って電気と機械(WTO)も告示する予定で、両工事とも18年1―3月の入札を予定している。

 工事は17―19年度で進め、20年4月の開館を予定。年間来場者数100万人を目指す。

 民族共生象徴空間の整備については、8月23日に現地視察を訪れた石井啓一国交相が、「アイヌの歴史・文化に関して国民の理解を促進する重要な役割を果たすと感じた」と発言。20年4月の公開に向けて着実に整備する考えを示している。


関連キーワード: 国交省 建築

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 川崎建設
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (2,564)
市内初の大型ホテルに スーパーホテルが石狩市に進出打診
2017年10月27日 (2,052)
新千歳空港国際線ビル拡張を着工 契約総額518億円
2017年11月10日 (1,888)
小樽駅前第1ビル周辺地区で再開発 準備組合が設立
2017年10月31日 (1,432)
旧みずほ銀札幌寮跡に複合商業施設を計画 アルファコート
2017年10月24日 (1,322)

連載・特集

特集 NETIS特集2017new

公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。

連載 おとなの養生訓

第124回は「スポーツケア」。運動後 は入浴やストレッチで血行を良くして 筋肉の回復を促進させましょう。

連載 北海道・モンゴル経済交流

モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。