北見市庁舎を11月入札 1.7万㎡で完成は2020年9月末

2017年10月03日 19時13分

 北見市は2日、新市庁舎建設工事の予備指名を延べ94社に行った。今回は主体2件、電気2件、機械設備2件の6件を発注。主体は市内のA等級の全18社、電気は市内のA等級全11社に加えて準市内のA等級1社の計12社、機械設備は市内の管A等級業者から親子関係の会社などを除いた17社。共同体申請期限は6日で、来週中にも本指名する。入札は11月中旬を予定しており、11月30日から12月14日に行われる予定の第4回定例会で承認を受けてから、速やかに着工する見通し。

 工事は主体2件、電気2件、機械設備2件、木製建具2件、議場システム1件の9分割で行う。

 主体は2件とも、市内建築A等級の全18社による5―6社構成の3共同体、電気は強電と弱電の2件に分けられており、どちらも市内電気A等級の全11社、準市内の1社の計12社による3―4社構成の3―4共同体が入札に参加する予定。

 機械設備は、主に空調関係を担当するものと、衛生や給排水を担当するものの2つに分割されており、予備指名は2つとも市内管A等級業者から親子関係の会社などを除いた17社に行った。空調などを担当する工事は5―6社構成の2―3共同体、衛生や給排水を担当する工事には3―4社構成の4―5共同体が入札に参加する予定。

 市内4自治区の、ほぼ全ての該当工種A等級業者に予備指名しており、市の担当者は「オール北見で臨みたい」と話した。

 木製建具2件と議場システムについては2018年度以降に発注する予定となっている。

 新市庁舎の設計は久米設計・都市設計研究所・清和設計共同体が担当し、8月に実施設計を完了している。規模はSRC一部S造、地下1地上7階、延べ1万7198m²。建設地はJR北見駅や、まちきた大通ビルから南西側約250mの大通西3丁目1の1に位置。完成は20年9月末を目指している。建設費は総額88億4510万円。


関連キーワード: 庁舎

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 東宏
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,234)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,678)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (2,222)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,589)
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去
2020年03月11日 (1,537)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。