被災地たずねて (1)復興へ刻む確かな歩み

2015年11月17日 10時28分

山下地区の災害公営住宅

 宮城県山元町は、県南に位置し、福島県との県境にある、人口1万人ほどの小さな町だ。この町にも津波は押し寄せ、町の約4割が浸水し、600人以上の尊い命が失われた。

山下地区の新駅周辺整備

 町では復興計画として、コンパクトシティの形成を掲げた。町内に3つの市街地を作り、町民の住まいと町民の生活を集中させるものだ。市街地は「山下地区」「宮城病院地区」「坂元地区」の3つ。このうち、山下、坂元の2つの地区では順調に復興が進んでおり、15年度末には市街地のほぼ全てが完成する予定だ。

 津波で流されたJR常磐線は内陸側に移設し、山下、坂元の2つの市街地には新しい駅舎も完成する。

道路も住宅も何もかもが新しく

 寸断されたJR常磐線は、現在は隣町・亘理町の浜吉田駅までが運行されているが、内陸側に移設することで浜吉田駅―相馬駅(福島県)が開通する。開通は16年度中の予定だ。

(2015年11月17日掲載)


関連キーワード: 被災地たずねて

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,040)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,967)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,557)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。