第1回 設計提案にやりがい 北日本港湾コンサルタント 菊地 愛さん

2016年01月19日 10時44分

北日本港湾コンサルタント 菊地 愛さん

 1992年8月生まれ。ことし24歳になる菊地愛さん。所属する北日本港湾コンサルタント(本社・札幌)では防波堤の設計に携わり、釧路や稚内、苫小牧などの港湾や漁港を担当した。自分が提案した内容が発注者から「これでいい、と言われるときがうれしい」とやりがいを感じている。

 漁港や港湾によって異なる波の高さなどを解析し、その波に耐えられるような堤体の形状などを設計する。「この仕事をするようになってからは、海に行っても防波堤や波の高さなどばかり見てしまう」と笑う〝港ガール〟だ。

 ことしは2回目の年女。「昨年は小さなミスが多かったので、新しい年は書類などでミスのないようにしたい。〝おまえに任せれば大丈夫〟と言われたい」

 納期が迫ると夜遅くまで仕事をすることも多いが、「1から10まで、全部自分でできるようになりたい。何でも自分から進んで取り組み、発注者との打ち合わせなども一人で行けるようになりたい」という将来の夢があるので、頑張れるという。

 しかし、何はともあれ、設計の仕事はチームワークの仕事。「会社の雰囲気がいいので仕事がしやすい」と話す。

 趣味はスノーボード。ただ、ボードのシーズン中は仕事も立て込むため「ちょっと諦めないといけないかも」と苦笑する。

(2016年1月19日掲載)


関連キーワード: 2016年にかける

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,889)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,157)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,036)
リゾート化進む倶知安町山田 上水道整備が難航
2020年07月27日 (1,051)
「解体は拙速」 北海道百年記念塔の内部視察報告会
2020年07月29日 (1,041)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。