第1回 設計提案にやりがい 北日本港湾コンサルタント 菊地 愛さん

2016年01月19日 10時44分

北日本港湾コンサルタント 菊地 愛さん

 1992年8月生まれ。ことし24歳になる菊地愛さん。所属する北日本港湾コンサルタント(本社・札幌)では防波堤の設計に携わり、釧路や稚内、苫小牧などの港湾や漁港を担当した。自分が提案した内容が発注者から「これでいい、と言われるときがうれしい」とやりがいを感じている。

 漁港や港湾によって異なる波の高さなどを解析し、その波に耐えられるような堤体の形状などを設計する。「この仕事をするようになってからは、海に行っても防波堤や波の高さなどばかり見てしまう」と笑う〝港ガール〟だ。

 ことしは2回目の年女。「昨年は小さなミスが多かったので、新しい年は書類などでミスのないようにしたい。〝おまえに任せれば大丈夫〟と言われたい」

 納期が迫ると夜遅くまで仕事をすることも多いが、「1から10まで、全部自分でできるようになりたい。何でも自分から進んで取り組み、発注者との打ち合わせなども一人で行けるようになりたい」という将来の夢があるので、頑張れるという。

 しかし、何はともあれ、設計の仕事はチームワークの仕事。「会社の雰囲気がいいので仕事がしやすい」と話す。

 趣味はスノーボード。ただ、ボードのシーズン中は仕事も立て込むため「ちょっと諦めないといけないかも」と苦笑する。

(2016年1月19日掲載)


関連キーワード: 2016年にかける

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,962)
重大NEWS2019 令和元年を振り返る(1)再開発 札幌駅前で始動
2019年12月27日 (2,152)
札幌北5西1・西2再開を日本設計に実務委託
2019年12月27日 (2,029)
五輪マラソンコース整備で9.4kmにオーバーレイ
2020年01月05日 (1,913)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,531)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

重大NEWS2019 令和元年を振り返る
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第175回は「飲み疲れ」。お酒や食事で酷使した肝臓を労るには断酒や睡眠のほかアミノ酸を含む食品を積極的に取ることです。